ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としても利用可能と考えられる候補成分について(お知らせ)



平成23年4月28日(木)

医薬食品局審査管理課

課長補佐 美上(内線2737)

係   長 岡澤(内線2741)

医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としても利用可能と考えられる候補成分について(お知らせ)


本年3月に(社)日本薬学会から提出されました「医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としての利用も可能と考えられる候補成分検討調査報告書」について、4月27日、(社)日本医学会及びその分科会110団体に対して、ご意見を伺うべく送付いたしましたので、お知らせいたします。今後、本報告書と同医学会等からの意見(締め切り7月26日)をもって、薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会において討議いただくこととしております。

(参考)候補成分の一覧

成分名 投与経路 備考
コレスチミド(経口)*  内服 コレステロール低下薬
アカルボース(経口)*             内服 糖吸収抑制薬
オメプラゾール(経口)*           内服 胃酸分泌抑制薬
メペンゾラート臭化物(経口)     内服 下部消化管痛改善薬
ポリカルボフィルカルシウム(経口)  内服 便通異常改善薬
プロピベリン塩酸塩(経口)      内服 排尿改善薬
セルニチンポーレンエキス(経口)  
ピランテルパモ酸塩(経口)*         内服 ぎょう虫駆除薬
ヒアルロン酸ナトリウム*           点眼 涙液補助用点眼薬
メナテトレノン (経口)       内服 骨粗鬆症用薬

* 過去3年の検討結果で保留になり、今回再提案された成分


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としても利用可能と考えられる候補成分について(お知らせ)

ページの先頭へ戻る