ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 東日本大震災による災害復旧工事において使用する防じん用のマスク7万枚を関係労働局において追加配布



平成23年4月11日

労働基準局安全衛生部

化学物質対策課長 半田 有通

中央労働衛生専門官 須藤 祥

(代表電話) 03(5253)1111(内線5510,5515)

(直通電話) 03(3502)6756

報道関係者各位


東日本大震災による災害復旧工事において使用する防じん用のマスク7万枚を関係労働局において追加配布


 このたび、防じんマスクなどを製造する企業(別表)から、災害復旧工事における建築物などの解体、改修工事、がれきの処理での労働者の粉じんへのばく露防止対策を支援するため、(社)日本保安用品協会を通じ、使い捨て式の防じん用のマスク7万枚について、無償提供の申出がありました。
 厚生労働省は、すでに同協会を通じて無償提供いただいた防じんマスク2万枚とあわせて関係労働局を通してがれき処理等にあたる労働者等に利用いただくべく、本日より各労働局において事業者等に対して配布を開始いたします。

【別表 防じん用のマスクの提供企業名】

企業名
株式会社重松製作所
スリーエムヘルスケア株式会社
日本製紙クレシア株式会社
日本バイリーン株式会社

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 東日本大震災による災害復旧工事において使用する防じん用のマスク7万枚を関係労働局において追加配布

ページの先頭へ戻る