ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年11月 > 第15回ILOアジア太平洋地域会合の日本開催について



平成22年11月19日

大臣官房国際課

国際課長   麻田 千穂子

課長補佐   安井 省侍郎(7303)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3595)2404

第15回ILOアジア太平洋地域会合の日本開催について


 平成22年11月18日、ジュネーブで開催されている第309回ILO理事会において、第15回ILOアジア太平洋地域会合を京都市で開催することが決定されました。
 ILOアジア太平洋地域会合は、おおむね4年に1度、ILO加盟国のうち、アジア太平洋諸国(45カ国)の政労使の代表が出席し、ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)達成のため、ILO活動に関わる課題を幅広く議論し、今後4年間の当該地域の活動の方向を決定するものです。
なお、本会合が日本で開催されるのは、昭和43年(1968年)の第6回会合以来、43年ぶりのことです。
 日程、場所、出席者は下記のとおりです。


                                           記

1 日程: 平成23年4月10日(日)〜13日(水)
2 場所: 国立京都国際会館(京都市)
3 出席者:
・ アジア太平洋地域45カ国より約500〜700人
・ 各国の政府、労働組合、使用者団体の代表
・ 各国の労働大臣等及び数人の元首級の参加が通例

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年11月 > 第15回ILOアジア太平洋地域会合の日本開催について

ページの先頭へ戻る