ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 労働災害による死亡者の大幅増加を受け、緊急対策を実施



平成22年9月6日

労働基準局安全衛生部安全課

               労働衛生課

(担当・内線) 安全課長           田中正晴(5480)

         主任中央産業安全専門官 森戸和美(5513)

         課長補佐           釜石英雄(5481)

         労働衛生課長        鈴木幸雄(5490)

         調査官             毛利  正(5497)

(電話代表) 03(5253)1111

(直通)    03(3595)3225

(FAX)    03(3502)1598

報道関係者各位


労働災害による死亡者の大幅増加を受け、緊急対策を実施


 厚生労働省は、8月公表の速報値で、労働災害における今年の死亡者数が前年同期に比べて13.0%と大幅に増加したことを受け、別紙の労働災害防止緊急対策を実施することとし、各都道府県労働局長に指示しました。
 また、あわせて、災害防止対策の徹底を求める緊急要請を各業界団体と労働災害防止団体の長にも行いました(別添1参照)。
 災害の内容を見ると、建設業での墜落・転落、陸上貨物運送事業の交通事故など特定業種のほか、今夏の猛暑による熱中症での死亡の増加が目立っています(詳細は別添2「平成22年8月速報における死亡災害発生状況等の分析について」参照)。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 労働災害による死亡者の大幅増加を受け、緊急対策を実施

ページの先頭へ戻る