ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 「有期労働契約研究会報告書」について



平成22年9月10日

労働基準局労働条件政策課

課             長    田 中  誠 二

調      査       官    青 山  桂 子

課    長   補    佐    澁 谷  秀 行

(電話代表) 03(5253)1111(内線5370)

(夜間直通) 03(3502)1599

報道関係者 各位

「有期労働契約研究会報告書」について

〜締結から終了にわたるルールに関する論点・課題を提示〜


 


 厚生労働省は、本日、「有期労働契約研究会」(座長:鎌田耕一東洋大学法学部教授)の報告書をとりまとめ、公表しました。

 報告書は、有期労働契約の不合理・不適正な利用を防止するとの視点を持ちつつ、雇用の安定、公正な待遇等を確保するためのルール等について検討すべき、としています。具体的には、契約締結事由の規制、更新回数や利用可能期間に係るルール、雇止めに関するルール、有期契約労働者と正社員との均衡待遇及び正社員への転換等、幅広い論点について、課題を整理したものとなっています。

 厚生労働省では、同報告書を受け、有期労働契約のルールの在り方について、検討を進めていきます。

(備考)

 同研究会の資料や議事録は、厚生労働省ホームページ(http://www/mhlw.go.jp)の「審議会・研究会等→上記以外の検討会・研究会等→労働基準局→有期労働契約研究会」に掲載しています。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 「有期労働契約研究会報告書」について

ページの先頭へ戻る