ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年8月 > 新型インフルエンザ(A/H1N1)に対する厚生労働省の対応について



平成22年8月27日(金)

厚生労働省健康局結核感染症課

照会先:中嶋、林(2389、2373)

(代表) 03−5253−1111

(コールセンター 10:00-18:00) 03−3501−9031

報道関係者各位


新型インフルエンザ(A/H1N1)に対する厚生労働省の対応について


 平成22年8月10日にWHO(世界保健機関)が、今般の新型インフルエンザ(A/H1N1)における現在の世界的な流行状況を「ポストパンデミック(世界的大流行後)」とする旨の声明を発表しました。
 こうした世界的状況及び我が国の状況を踏まえ、政府としての対応を決定するため、本日、政府の新型インフルエンザ対策本部が開催されました。
 厚生労働省としては、これらを踏まえ、別添の方針で対応していくこととしましたので、お知らせいたします。


【今後の方針等の概要】

○ 厚生労働省では、今後の新型インフルエンザ対策(A/H1N1)について、WHOの勧告(警戒の継続のほか、サーベイランス、ワクチン接種、医療提供の実施に努めること)や国内における再流行の可能性が続いていることなどを踏まえ、感染症対策上、国内における再流行への警戒を怠らず、まん延予防等に万全を期するため、
 ・ 引き続き、必要な医療体制の構築や、感染予防の呼びかけ等に努めます。
 ・ 今回の新型インフルエンザに対するワクチン接種を、今年度は引き続き応急的に
行います。

○ また、流行予測などのサーベイランス等も継続して行い、その状況等を踏まえた上で、季節性と異なる大きな流行等の特別な事情が生じない場合には、今年度末を目途に、感染症法に基づき、「新型インフルエンザ等感染症」と認められなくなった旨の公表をし、通常の季節性インフルエンザの対策に移行します。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年8月 > 新型インフルエンザ(A/H1N1)に対する厚生労働省の対応について

ページの先頭へ戻る