ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年6月 > 平成21年度における脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況について



平成22年6月14日

労働基準局労災補償部補償課

職業病認定対策室

室長   渡辺 輝生

室長補佐 幡野 一成

(電話) 03-5253-1111(内線5569、5573)

(夜間直通) 03-3502-6750

平成21年度における脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況について

〜精神障害等に係る労災請求件数が前年比2割超の増加〜


1 「過労死」等事案の労災補償状況(別添資料1のとおり)
 (1)請求件数は767件であり、前年度に比べ122件(13.7%)減少。
 (2)支給決定件数は293件であり、前年度に比べ84件(22.3%)減少。
 (3)業種別では請求件数、支給決定件数ともに「運輸業,郵便業」に分類される「道路貨物運送業」が最も多い。
 (4)職種別では請求件数、支給決定件数ともに「運輸・通信従事者」に分類される「自動車運転者」が最も多い。
 (5)年齢別では請求件数は50〜59歳、支給決定件数は40〜49歳が最も多い。

2 精神障害等事案の労災補償状況(別添資料2のとおり)
 (1)請求件数は1136件であり、前年度に比べ209件(22.5%)増加。
 (2)支給決定件数は234件であり、前年度に比べ35件(13.0%)減少。
 (3)業種別では請求件数は「医療,福祉」に分類される「社会保険・社会福祉・介護事業」、支給決定件数は「建設業」
   に分類される「総合工事業」が最も多い。
 (4)職種別では請求件数は「事務従事者」に分類される「一般事務従事者」、支給決定件数は「販売従事者」に分類さ
   れる「商品販売従事者」が最も多い。
 (5)年齢別では請求件数、支給決定件数ともに30〜39歳が最も多い。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年6月 > 平成21年度における脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況について

ページの先頭へ戻る