ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年4月 > 利用者負担を理由として障害福祉サービスの利用を中断した者の現状調査結果について



平成22年4月16日

社会・援護局障害保健福祉部企画課

課長補佐 矢田貝 泰之(3011)

係長 南 孝徳(3017)

(電話代表) 03(5253)1111

(FAX) 03(3502)0892

報道関係者 各位

利用者負担を理由として障害福祉サービスの利用を中断した者の現状調査結果について


 平成18年11月に実施した調査において、平成18年3月から平成18年10月までの間に、利用者負担を理由に入所施設又は通所施設を退所した方1,625人について、現在(平成21年12月末現在)の障害福祉サービスの利用状況等について調査を実施した。この調査結果のポイントは、以下のとおり。


【ポイント】

1 退所者の現在の状況

○ 退所者の63%がサービスの利用を再開。
  ・「同じ施設の利用を再開」が13%、「他のサービスを利用」が50%、「何も利用していない」が37%。

2 退所時の所得区分別にみた現在の状況

○ 低所得の方の方がサービス利用を再開している者の割合が高い。
  ・サービスの利用を再開した者の割合は、「低所得1」が71.9%、「低所得2」が67.6%、「一般」が59.9%。

3 何もサービスを利用していない者の状況

 ○ 現在何も利用していない者の79%が在宅で生活。

 ○ 「在宅で生活」等と回答した者のうち、障害者自立支援法に基づくサービスの利用再開の希望がない者は83%、希望がある者は17%。
(利用の希望がある者の実人数は35人。このうち20人は、サービス利用の再開に向けて申請・相談等を行っている。)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年4月 > 利用者負担を理由として障害福祉サービスの利用を中断した者の現状調査結果について

ページの先頭へ戻る