ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2009年12月 > 規格を具備していない防じんマスクの回収の指示について



平成21年12月21日

労働基準局安全衛生部労働衛生課環境改善室

環境改善室長 亀澤典子

副主任中央労働衛生専門官 徳田剛(5501)

(電話代表) 03(5253)1111

(夜間直通) 03(3502)6755

(FAX) 03(3502)1598

規格を具備していない防じんマスクの回収の指示について


 労働安全衛生法令においては、事業者が労働者に一定の作業を行わせる場合には、呼吸用保護具(防じんマスク、防毒マスク等)を着用させることを義務付けている。
 これらの呼吸用保護具のうち、防じんマスク及び防毒マスクについては、所要の規格を具備していることを担保するため、製造者又は輸入者に対し、型式検定を受けることを義務付けているが、流通段階における性能の確保を図る観点から、別途、国において買取試験を行っているところである。
 今般、平成21年度の呼吸用保護具の買取試験において、下記のとおり、一部、排気弁に傷が付いたり、異物が付着したことにより、規格を具備していない防じんマスクが報告された。
 当該防じんマスクを有害な作業環境(粉じん作業場所)において使用した場合、健康障害を引き起こす可能性もあるため、厚生労働省として、製造又は輸入し販売している各社に対して回収を指示するとともに、この事実を公表することとしたものである。


1 規格を具備していない呼吸用保護具等
(1)型式名等:DR33L(防じんマスク)
   製造者:株式会社重松製作所
      (本社:東京都千代田区外神田3−13−8
       照会先TEL:03−3255−0255)
   具備していない規格の内容:
    排気弁の閉鎖による内部の減圧が15秒以上保てないこと
    (このため、内部の気密が保てないものがある。)
   原因:排気弁の弁座に傷が付いていたため
   製造数:54,481個(平成19年4月1日以降で確認できているもの)

(2)型式名等:8822A−DS2−01(防じんマスク)
   (箱、カタログには、製品名として「8822A−DS2」と表記されている。)
   輸入者:スリーエム ヘルスケア株式会社
      (本社:東京都世田谷区玉川台2−33−1
       照会先TEL:平成22年3月まで
               0120−336−816
               03−3709−8267(IP電話等の方)
              平成22年4月以降
               0570−011−321
               03−3709−8165(IP電話等の方)
   具備していない規格の内容:
    排気弁の閉鎖状態が保てないこと
    排気弁の閉鎖による内部の減圧が15秒以上保てないこと
    (これらのため、内部の気密が保てないものがある。)
   原因:排気弁に異物が付着していたため
   輸入数:448,560個

2 輸入・販売状況   これらのマスクの一部は、すでに一般の小売店等を通じ、不特定の者に販売されている。
DR33Lパッケージ
DR33Lパッケージ

DR33L
DR33L

8822A-DS2-01パッケージ
8822A-DS2-01パッケージ

8822A-DS2-01
8822A-DS2-01

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2009年12月 > 規格を具備していない防じんマスクの回収の指示について

ページの先頭へ戻る