ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2009年11月 > 世界エイズデーについて



平成21年11月4日

健康局疾病対策課 木村・円谷・小澤

(電話) 03(5253)1111 [内2358]

財団法人エイズ予防財団 沢崎・堀内・川島

(電話) 03(5259)1811

世界エイズデーについて


1 世界エイズデーとは

 WHO(世界保健機関)は、1988年に世界的レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱した。我が国としても、その趣旨に賛同し、毎年12月1日を中心にエイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進しており、全国各地で様々な「世界エイズデー」イベントが実施されている。

2 今年度の世界エイズデーキャンペーンテーマについて
(1) テーマ

 Living Together 〜いま、何をすれば良いのか聴かせて?〜

(2) 選定の趣旨

 様々なセクシャリティ(性行動の対象の選択や性に関連する行動・傾向)の人々や、HIV陽性の人々、陰性の人々が一緒に生きている現実をありのままに受け止め、エイズのまん延防止や差別・偏見の解消のために、ひとりひとりに何ができるかを国民全体で考えていく。

3 実施主体及び実施方法
(1) 厚生労働省 

 (財)エイズ予防財団、エイズ関連NGO等の関係団体及び民間企業、報道機関等の協力を得て、全国的な啓発活動の推進を図る。

(2) 都道府県、保健所を設置する市及び特別区 

 関係機関及び関係団体等との連携を密にし、それぞれの地域の実情に応じた広報計画、実施計画に基づき、エイズに関する正しい知識の啓発活動を展開する。

4 厚生労働省が実施する主な事業
【東京でのイベント等】
(1) RED RIBBON LIVE 2009 〔11月28日(土)17:30〜21:00予定〕

 SHIBUYA-AXにおいて、青木英李(Popteenモデル)、押尾コータロー、加藤鷹、玄秀盛(NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会新宿救護センター所長)、小松成美(作家)、佐伯日菜子(女優)、鈴木奈々(Popteenモデル)、孫暐(そんい)(Popteenモデル)、椿姫彩菜(コメンテーター・モデル)、TKO、TERU(GLAY)(トークゲスト)、村尾信尚(NEWS ZEROメーンキャスター)などによる無料招待のライブ&トークを行い、若者を中心とした世代に予防啓発のメッセージを発信する。

(2) 街頭キャンペーン 〔11月28日(土)13:00〜15:00予定〕

 渋谷駅周辺において、NGO、ボランティアと協力してエイズ予防啓発グッズを配布する。

(3) HIV(エイズ)無料検査 〔11月28日(土)11:00〜17:30予定〕

 シブヤ・ネクサスにおいて、NGOと協力してHIV無料検査を実施する。

【大阪でのイベント等】
(1) RED RIBBON LIVE 2009 in OSAKA〔11月23日(月)14:00〜17:00予定〕

 アメリカ村三角公園-御津公園において、大塚由美、カリヤ、safarii、BRIGHT、PENGIN、松下優也、RYTHEMなどによる入場無料のライブ&トークを行い、若者を中心とした世代に予防啓発のメッセージを発信する。

(2) 街頭キャンペーン 〔11月23日(月)13:00〜17:30予定〕

 アメリカ村三角公園-御津公園周辺において、NGO、ボランティア、民間企業と協力してエイズ予防啓発グッズを配布する。

(3) HIV(エイズ)無料検査 〔11月29日(日)13:00〜19:00予定〕

 chotCASTなんばにおいて、NGOと協力して、通常より規模を拡大の上、HIV無料検査を実施する。

【その他の取組】
(1) エイズ啓発ポスターの配布

 青少年層に対して、HIV/エイズについて関心をもってもらい、また考えるきかっけにするため、小学生、中学生、高校生、一般の部門ごとに最優秀賞、優秀賞等を選出し、(財)エイズ予防財団において表彰式を行うとともに、RED RIBBON LIVE 2009会場内において作品を掲示する。
 また、ポスターコンクール最優秀賞の中から決定した普及啓発ポスターを、官公庁、地方公共団体、エイズ治療拠点病院、映画館等に掲示する。

(2) インターネットによる啓発及び情報提供

[1]Yahoo! JAPANの独自企画「レッドリボン特集2009」と連携して、啓発活動をインターネット上で展開。RED RIBBON LIVE 2009の動画は、後日Yahoo! JAPANやGyaO!などで配信

[2]平成21年4月に開設した「レッドリボンライブ」オフィシャルサイト(http://redribbonlive.jp/)において、今回実施するイベント情報を含め、エイズ予防啓発に係る情報等を配信

[3](財)エイズ予防財団のホームページ(エイズ予防情報ネット)において、世界エイズデー前後に全国の自治体で実施されるイベントの紹介及び検査相談体制の案内を掲載

[4]各界で活躍する著名人たちがHIV陽性者等の手記を朗読する模様をつづったウェブサイト「Living Together 〜 Think about AIDS」(http://www.thinkaboutaids.jp)を新たに開設

(3) 交通広告等の活用による啓発

 京浜急行と連携し、電車内又は駅構内での広告やラッピング電車など、交通広告等を活用した啓発活動を展開する。





RED RIBBON LIVE 2009の実施について

1 主催

 厚生労働省

2 総合プロデュース・司会

 山本シュウ 

3 出演者

 青木英李(Popteenモデル)、押尾コータロー、加藤鷹、玄秀盛(NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会新宿救護センター所長)、小松成美(作家)、佐伯日菜子(女優)、鈴木奈々(Popteenモデル)、孫暐(そんい)(Popteenモデル)、椿姫彩菜(コメンテーター・モデル)、TKO、TERU(GLAY)(トークゲスト)、村尾信尚(NEWS ZEROメーンキャスター)などの賛同者が多数参加(50音順)

4 実施内容

 ラジオDJ山本シュウの叫びに賛同したアーティスト、エンターテイナーたちがSHIBUYA-AXに集結。トークとライブで強烈なメッセージを発信。
(1)山本シュウ司会によるTVタレント、ニュースキャスター、ミュージシャン、エイズ医療に関する専門家などによるトーク
(2)参加アーティストによるライブ
(3)イベントの模様は後日、「レッドリボンライブ」オフィシャルサイト(http://redribbonlive.jp/)、Yahoo! JAPANやGyaO!などにおいて動画配信(予定)

5 開催日時

 平成21年11月28日(土) 開場16:30 開演17:30〜21:00(予定)

6 開催場所  

 SHIBUYA-AX(東京都渋谷区神南2-1-1)

7 参加費

 無料(抽選による招待制)

8 参加方法

 募集期間  11月5日(木)12:00 〜 11月19日(木)12:00
         抽選で500名を招待  
 告知サイト 「レッドリボンライブ」オフィシャルサイト
         http://redribbonlive.jp/





RED RIBBON LIVE 2009 in OSAKAの実施について

1 主催

 厚生労働省

2 総合プロデュース・司会

 山本シュウ 

3 出演者

 大塚由美、カリヤ、safarii、BRIGHT、PENGIN、松下優也、RYTHEMなどの賛同者が多数参加(50音順)

4 実施内容

 ラジオDJ山本シュウの叫びに賛同したアーティストたちがアメリカ村三角公園に集結。トークとライブで強力にメッセージを発信し、大阪の若者たちに訴えかけていきます。
(1)山本シュウ司会によるミュージシャン、エイズ医療に関する専門家などによるトーク
(2)参加アーティストによるライブ

5 開催日時

 平成21年11月23日(月) 開演14:00〜17:00(予定)

6 開催場所  

 アメリカ村三角公園-御津公園
 (大阪府大阪市中央区西心斎橋2-11-34)

7 参加費

 無料





街頭キャンペーンの実施について

【東京】
1 日時

 平成21年11月28日(土)13:00〜15:00(予定)

2 場所

 渋谷駅 ハチ公前周辺

3 参加団体

 厚生労働省、東京都、渋谷区、(財)エイズ予防財団、民間企業、NGO、学生ボランティア等

4 参加者数

 40名程度

5 実施内容

 (財)エイズ予防財団作成のパンフレット、コンドーム等をセットにして配布

【大阪】
1 日時

 平成21年11月23日(月)13:00〜17:30(予定)

2 場所

 アメリカ村三角公園-御津公園周辺

3 参加団体

 厚生労働省、(財)エイズ予防財団、エフエム大阪、アメムラプレス、(株)ジェクス、NGO、学生ボランティア等

4 参加者数

 30名程度

5 実施内容

 (財)エイズ予防財団作成のパンフレット、コンドーム等をセットにして配布





HIV(エイズ)無料検査の実施について

【東京】
1 日時

 平成21年11月28日(土)11:00〜17:30(受付は11:00〜14:00)(予定)
 ※検査は事前予約制とし、先着100名までとする。

2 場所

 シブヤ・ネクサス
  東京都渋谷区道玄坂2-9-9 梅原ビル
  JR渋谷駅ハチ公口徒歩2分

3 検査主体

 (財)エイズ予防財団、HIVと人権・情報センター、渋谷区保健所

4 検査の種類

 即日検査(検査結果は当日お知らせします)

5 予約方法

 事前予約制
  予約受付期間 11月4日(水) 〜 11月27日(金)
  予約受付時間 12:00〜18:00(月曜日から金曜日まで)
  電話番号03-5259-0255にご連絡の上、検査の時間等の予約をお願いします。

【大阪】
1 日時

 平成21年11月29日(日) 13:00〜19:00(受付は13:00〜16:00)(予定)
 ※検査は先着順100名までとする(整理券を12:30より配布)。

2 場所

 chotCASTなんば
  大阪府大阪市浪速区難波中1-6-8 イチエイ総合ビル3階
  地下鉄御堂筋線なんば駅6番出口徒歩1分(出口直結)

3 検査主体

 (財)エイズ予防財団、HIVと人権・情報センター

4 検査の種類

 即日検査(検査結果は当日お知らせします)





インターネット等による啓発及び情報提供について

1 Yahoo! JAPANによる啓発

 Yahoo! JAPANの独自企画として実施している「レッドリボン特集2009」と連携し、Yahoo! JAPAN内特設ページ等において、エイズ予防に関する啓発活動を展開する。RED RIBBON LIVE 2009は、後日Yahoo! JAPANやGyaO!などにて配信予定

(Yahoo! JAPANの概要)

 会社名 ヤフー株式会社
 市場名 東証1部、JASDAQ 銘柄コード:4689
 本社 東京都港区 設立年月日:1996年1月31日
 代表取締役 井上雅博
 1ヶ月あたり約5,085万人のユニークカスタマー数※と、1日20億3000万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。
 (※)Nielsen Online「NetView」、2009年9月、家庭もしくは職場からのアクセスによる。

2 「レッドリボンライブ」オフィシャルサイトによる啓発

平成21年4月に開設した「レッドリボンライブ」オフィシャルサイトにおいて、次のような情報発信を行う。
[1]「RED RIBBON LIVE 2009」ほかレッドリボンライブに関する案内

[2]「RED RIBBON LIVE 2009」の模様のオンデマンド配信(予定)

[3]著名人のエイズ啓発に関するメッセージやコメント等の掲載

[4]その他HIV/エイズの予防啓発に関する情報の掲載

3 エイズ予防情報ネット

 (財)エイズ予防財団のエイズ予防情報ネットにおいて、通常の予防啓発に関する情報に加えて、世界エイズデー前後の期間に全国の自治体で実施されるイベントやHIV検査・相談の実施体制等について情報提供を行う。

4 「Living Together 〜 Think about AIDS」の開設

 各界で活躍する著名人たちが、HIV陽性者とその家族・恋人たちによる手記を朗読する模様をつづったウェブサイト「Living Together 〜 Think about AIDS」(http://www.thinkaboutaids.jp)を新たに開設し、ゲストたちの生の声に耳を傾けながら、HIV/エイズについて考える機会を提供する。





交通広告等の活用による啓発について

京浜急行と連携し、交通広告等を活用した啓発活動を次のとおり行う。
1 京浜急行線(8車両1編成)のイベント列車としての運行

 期間:11月29日(日)〜12月13日(日)
 ・車体ラッピング
 ・車内での啓発ポスターの掲示

2 京浜急行線全車両・全駅での交通広告

 期間:11月30日(月)〜12月13日(日)(予定)
 ・京浜急行線全車両での啓発ポスターの中吊り
 ・京浜急行線各駅での啓発ポスターの掲示
 ・京浜急行線羽田空港駅内での啓発ポスターの集中的な掲示(11/30〜12/7予定)

3 京浜急行関連施設での啓発ポスターの掲示と冊子の設置(予定)

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2009年11月 > 世界エイズデーについて

ページの先頭へ戻る