ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年5月 > 医療機関を受診せずに個人で海外製経口妊娠中絶薬を使用することは大変危険です



平成30年5月14日

【照会先】

医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課

課長補佐 日田 充 (内線2763)

専 門 官 坂西 義史 (内線2767)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2436

報道関係者各位


医療機関を受診せずに個人で海外製経口妊娠中絶薬を使用することは大変危険です

〜インターネットを介して個人輸入した海外製経口妊娠中絶薬による健康被害について〜


 

インターネットを介して個人輸入したインド製の経口妊娠中絶薬により、健康被害を生じた旨の事例が報告されましたので、お知らせいたします。

また、厚生労働省は、経口妊娠中絶薬については、その製品を指定し、医師の処方に基づくことが地方厚生局で確認できた場合を除いて個人輸入を制限することとしており、このインド製の経口妊娠中絶薬についても同様に指定しましたので、併せてお知らせいたします。

詳細は別添をご覧ください。

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年5月 > 医療機関を受診せずに個人で海外製経口妊娠中絶薬を使用することは大変危険です

ページの先頭へ戻る