ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年3月 > 「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを全国で実施



平成30年3月30日

【照会先】

労働基準局労働条件政策課

労働条件確保改善対策室長 関 百合子

室長補佐  粟村 勝行

(代表電話) 03(5253)1111(内線)5534、5545

(直通電話) 03(3502)1599

「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを全国で実施

−アルバイトを始める新入学生が多い4月から7月まで−

厚生労働省では、昨年に引き続き全国の大学生等を対象に、特に多くの新入学生がアルバイトを始める4月から7月までの間、労働条件の確認を促すことなどを目的としたキャンペーンを実施します。

過去の調査結果等でも、労働基準法で規定されている労働条件の明示がなかったと回答した学生が多かったことなどを踏まえ、学生向けに身近に必要な知識を得るためのクイズ形式のリーフレットの配布等による周知・啓発などを行うとともに、大学等での出張相談を引き続き行います(別添1234参照)


【キャンペーンの概要】

1 実施期間 平成30年4月1日から7月31

 

2 重点的に呼びかける事項
(1) 労働条件の明示
(2) 適切な勤務シフトの設定
(3) 労働時間の適正な把握
(4) 商品の強制的な購入の抑止とその代金の賃金からの控除の禁止
(5) 労働契約の不履行に対してあらかじめ罰金額を定めることや労働基準法に違反する減給制裁の禁止

 

3 主な取組内容

 (1)   都道府県労働局による大学等への出張相談の実施

 (2)  学生用のクイズ形式のリーフレットを大学等で配付するなどによる周知・啓発

 (3)  都道府県労働局及び労働基準監督署に設置されている総合労働相談コーナーに「若者相談コーナー」を設置し、学生からの相談に重点的に対応

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年3月 > 「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを全国で実施

ページの先頭へ戻る