ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年11月 > 第55回 技能五輪全国大会が閉幕しました



平成29年11月27日

【照会先】

人材開発統括官付能力評価担当参事官室

参 事 官     瀧原 章夫

課長補佐    新堀 徳明

(代表電話) 03(5253)1111(内線5995)

(直通電話)  03(3502)6958

中央職業能力開発協会 

技能振興部長 釜石 英雄

振興課長    佐藤 克司

(直通電話)  03(6758)2848

報道関係者各位


第55回 技能五輪全国大会が閉幕しました

〜全42職種で日本一の青年技能者が決定。最優秀技能選手団は愛知県に〜

 


次世代のものづくりを担う青年技能者が「技」の日本一を競い合う「第55回技能五輪全国大会」(主催:厚生労働省、中央職業能力開発協会、栃木県)が1124日から開催され、本日閉幕しました。 ※一部の職種は競技を先行して実施

この大会は、マロニエプラザ(栃木県宇都宮市)を主会場に栃木県内17会場で開催され、全42職種の競技に 1,337 人の選手が参加しました。

本日、栃木県体育館で行われた閉会式では、職種ごとの優勝者と入賞者が発表され、優勝者に厚生労働大臣賞、入賞者に主催者賞が授与されました。今大会から新たに実施された、自作ロボットを使った「移動式ロボット」職種では、愛知県選手団の小原鷹斗さんと丸山真輝さん(ともに()デンソー)が優勝しました。

また、最優秀技能選手団として愛知県選手団に厚生労働大臣賞が、優秀技能選手団として茨城県、栃木県、長野県の各選手団に厚生労働省人材開発統括官賞が授与されました。厚生労働省人材開発統括官賞に次ぐ成績を収めた各選手団には、中央職業能力開発協会会長賞、全国技能士会連合会会長賞がそれぞれ授与されました。  



【大会の様子】

【大会の様子】

【閉会式の様子】

日本は2023年開催の第47回技能五輪国際大会の開催地に立候補します!

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年11月 > 第55回 技能五輪全国大会が閉幕しました

ページの先頭へ戻る