ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年11月 > 「MDクリニックダイエット」と称される製品による健康被害事例の発生について



平成29年11月9日

【照会先】

医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課

課長補佐 日田 充 (内線2763)

専 門 官 坂西 義史 (内線2767)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2436

報道関係者各位


「MDクリニックダイエット」と称される製品による健康被害事例の発生について


 

 

本日14:00、東京都より、別添のとおり記者発表を行った旨の連絡がありましたので、お知らせします。

これまでにも、「MDクリニックダイエット」や「ヤンヒーホスピタルダイエット」などと称される海外(タイ)の病院が処方したとされる医薬品を個人輸入して使用したことによる健康被害事例が複数の都道府県から報告されています。厚生労働省は医師の処方なくこれらの製品を個人輸入することを認めていませんので、このような製品は決して入手して服用しないでください。

なお、これまで報告されている健康被害事例は、厚生労働省の以下のサイトをご覧ください。

 

※)「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品による健康被害事例について

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/jirei/030902-1.html

 

 

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年11月 > 「MDクリニックダイエット」と称される製品による健康被害事例の発生について

ページの先頭へ戻る