ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年11月 > 平成29年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました



平成29年11月14日

【照会先】

雇用環境・均等局 在宅労働課

課長 元木 賀子

課長補佐 高橋 嘉寿満

(代表電話)03(5253)1111(内線7872,5307) 

(直通電話)03(3595)3273) 

平成29年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました

〜11月27日開催の「『働く、が変わる』テレワークイベント」で総務大臣表彰と併せて表彰式を実施〜

厚生労働省では、このほど、平成29年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました。

この賞は、テレワーク(※1)の活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果をあげた企業・団体や個人に授与されるものです。3回目となる今年度の表彰は、「優秀賞」に1社、「特別奨励賞」に4社、「個人賞」に1名を決定しました。

表彰式は、テレワーク推進月間の一環として1127日に御茶ノ水ソラシティ(東京都千代田区)で開催される「『働く、が変わる』テレワークイベント」(※2)の中で行い、今年度も総務大臣表彰の表彰式と併せて実施します。また、このイベントでは、松村 茂 氏(日本テレワーク学会会長)による「テレワーク月間が目指すもの」をテーマとした講演や、テレワーク実施者によるパネルディスカッションを行うほか、受賞者の取組をまとめた「輝くテレワーク賞事例集」を配布します。

イベントの詳細と申込方法については、別紙または以下のURLをご参照ください。また、申込方法など不明な点については、次ページの事務局までお問い合わせください。

[URL] http://teleworkgekkan.org/news/20171005_5741

 

※1 パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方。育児などと仕事の両立などワーク・ライフ・バランスの向上に役立つほか、生産性の向上や雇用の創出につながるなど、さまざまなメリットがあります。

※2 テレワークを推進する総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省の共同主催によるシンポジウム

 

 


■「優秀賞」受賞企業
テレワークの活用によってワーク・ライフ・バランスの実現を図っている企業のうち、特にその取組が優秀と認められる企業・団体に対する表彰です。

 ● 富士ゼロックス東京株式会社

■「特別奨励賞」受賞企業(五十音順)
テレワークの導入に当たって、さまざまな工夫を凝らすなど、他の企業の模範となる取組を行う企業・団体に対する表彰です。

 ● 株式会社MUGENUP
 ● クオールアシスト株式会社
 ● 日本航空株式会社
 ● 横河電機株式会社

■「個人賞」受賞者
他の模範となるテレワークを積極的に活用した働き方によってワーク・ライフ・バランスを実現している労働者や、雇用型のテレワークの普及・推進に貢献した個人に対する表彰です。

 ● 下田 英樹 氏 (ネットワンシステムズ株式会社)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年11月 > 平成29年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました

ページの先頭へ戻る