ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年10月 > 「Tokyo AMR One-Health Conference」の開催について



平成29年10月27日

【照会先】

健康局結核感染症課

野田・高倉 (2935)

(電話・代表) 03(5253)1111

(電話・直通) 03(3595)2257

報道関係者  各位

「Tokyo AMR One-Health Conference」の開催について

剤耐性(AMR)対策アクションプランに基づく国際協力の取組として、本年11月13日〜14日に、アジア諸国の政府職員、国際機関の担当者、専門家を招聘して、「Tokyo AMR One-Health Conference (AMRワンヘルス東京会議)」を開催することになりましたのでお知らせいたします。


1.概要
 (1)日時 平成29年11月13日(月)〜14日(火)13:00〜17:00
 (2)場所 笹川記念会館(東京都港区三田 3-12-12)
 (3)主催 厚生労働省
 (4)主な内容(予定)
    ○ 11月13日(月)
     「抗微生物薬の適正使用」をテーマに、各国の保健省・農林省AMR担当者等による国際会議を実施し、
     各国の取組状況に関する情報共有等を行う。
         【挨拶】高木 美智代 厚生労働副大臣(予定)
    ○ 11月14日(火)
     抗微生物薬適正使用やワンヘルス・サーベイランスに関する情報提供等を行う公開シンポジウムを開催。
     【プログラム】
      ・セッション1 基調講演:サリー・デイビス卿 英政府主席医務官
      ・セッション2 抗微生物薬の適正使用:
              大曲 貴夫 国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター長 他2名
      ・セッション3 抗微生物薬適正使用のためのワンヘルス・サーベイランス:
              柴山 恵吾 国立感染症研究所 細菌第二部長 他2名

    ※なお、特定非営利活動法人日本医療政策機構主催のサイドイベント「第3回AMRグローバル専門家会合〜アクションプラン推進に向けて国内外で取るべき施策〜」を、同会館にて14日(火)9:00〜11:30に実施予定。

2.取材について
 (1)13日(月)の国際会議は非公開(冒頭挨拶まで頭取り可)です。
 (2)14日(火)のシンポジウムは公開で実施します。
    カメラ取材の位置等、取材上の留意事項は改めてお知らせします。
    (報道関係者席を設けております。)
     ※サイドイベントに関するお問い合わせは、以下の問い合わせ先までお願いします。
    【サイドイベント 問い合わせ先】
     特定非営利活動法人 日本医療政策機構
      〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2
      大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F
      TEL: 03-4243-7156  FAX: 03-4243-7378
      e-mail:info@hgpi.org

3.取材の事前登録について
 (1)13日(月)の頭取りを行う場合は、別紙申込書をご記入の上、平成29年11月6日(月)までにFAX
    またはE−mailにてお申し込みください。
    【申込先】
     Tokyo AMR One-Health2017運営事務局
      〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4F
      TEL:03-5549-6909 FAX:03-5549-3201
      e-mail: tokyo-amr2017@intergroup.co.jp
 (2)14日(火)のシンポジウム参加にあたっては、以下の参加登録ウェブサイトからお申し込みください。
    【参加登録ウェブサイト】
http://www.tokyo-amr2017.jp
     ※13日(月)、14日(火)の両日参加される場合は、必ず、申込書及びウェブサイトそれぞれからお申し込みください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年10月 > 「Tokyo AMR One-Health Conference」の開催について

ページの先頭へ戻る