ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年8月 > ヨーロッパ地域における麻しん患者の報告数が増加しています



平成29年8月18日

【照会先】

健康局 結核感染症課

課長補佐 野田 博之 (内線2373)

課長補佐 高倉 俊二 (内線2935)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2257

報道関係者各位


ヨーロッパ地域における麻しん患者の報告数が増加しています

〜リーフレットなどを通じ、海外渡航者に注意喚起〜


リーフレット イメージ

厚生労働省では、イタリアとルーマニアにおける麻しん(はしか)の患者報告数が増加していることから、これらを含むヨーロッパ地域へ渡航を予定する方などに対し、注意喚起を行いました。

 

近年、ヨーロッパ地域において麻しん報告数の増加が確認されていますが、今般、特にイタリアとルーマニアにおける報告数の増加が顕著であることが、ECDC(欧州疾病対策センター)から発表されました(※1)。



※1 ECDC 平成29年第32週(8月7日〜13日)感染症状況報告による

○イタリアの状況

本年8月時点で4,087人の麻しん患者が報告されている(昨年は年間861人)。

○ルーマニアの状況

本年8月時点で6,486人の麻しん患者が報告されている(昨年は年間1,969人)。

 

こうした状況を踏まえ、厚生労働省では、海外渡航を検討している方に対し、麻しんの予防接種歴の確認や、帰国後の健康状態のチェックポイント、ヨーロッパ地域における麻しんの流行状況などを掲載したリーフレットを作成するほか、SNSなどを通じて注意喚起を行っていきます。

 

報道関係者の皆様におかれましては、海外渡航者への麻しんに関する注意喚起についての ご協力をお願いいたします。

 

なお、リーフレットのPDFデータについては、厚生労働省のウェブサイト(下記URL )からダウンロードができます。



   麻しん予防啓発ツール ダウンロード先
麻しんとは

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/
リーフレット

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/dl/leaf_170822.pdf


 

 

  麻しん(はしか)について
 麻しんは、感染力が非常に強く、麻しんウイルスは簡単に人から人に感染し、免疫が不十分な人が感染すると高い確率で発症します。発症した場合には、肺炎や中耳炎になることがあり、先進国であっても、患者1,000人に1人が死亡するといわれています。2016年には全世界で約19万人の患者が報告されました。
 日本は、2015年にWHO(世界保健機関)から、土着の麻しんウイルスが存在しない「麻しん排除国」に認定されました。昨今、日本で報告された麻しんは、海外で感染した方が発症する輸入症例に由来しています。こうした輸入症例に関連した麻しんの国内発症を防ぐためには、海外渡航を検討している方への積極的な注意喚起が必要です。



厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年8月 > ヨーロッパ地域における麻しん患者の報告数が増加しています

ページの先頭へ戻る