ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年6月 > 今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業(平成28年度)の報告



平成29年6月1日

【照会先】

職業安定局雇用政策課

課   長  蒔苗 浩司

中央労働市場情報官  森川 直哉

(代表電話)03(5253)1111(内線5672)

(直通電話)03(3595)3290

報道関係者各位


今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業(平成28年度)の報告

           〜IoT・ビッグデータ・AI等の普及・進展による雇用・労働への影響を検証〜

 厚生労働省では、このたび、「今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業」の報告をとりまとめましたので公表します。企業はIoT・ビッグデータ・AI等の普及・進展をどのようにとらえているのか、雇用や労働への影響はあると考えているのかについて、広く現状把握と意見聴取することを目的に本事業を行い、それらをもとに分析・検討を行いました。

 厚生労働省は、本報告をホームページに公表するとともに、今後の施策に活用していきます。

   

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年6月 > 今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業(平成28年度)の報告

ページの先頭へ戻る