ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年6月 > WHO(世界保健機関)執行理事に中谷比呂樹氏が就任しました



平成29年6月1日

【照会先】

大臣官房国際課

課長 大鶴 知之

課長補佐 稲田 晴彦 (7318)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2404

報道関係者各位


WHO(世界保健機関)執行理事に中谷比呂樹氏が就任しました

 この度、慶應義塾大学特任教授の中谷比呂樹氏が、WHO執行理事に就任しましたので、お知らせいたします。


 WHOでは、意思決定機関として年1回世界保健総会が開催され、この総会を円滑に運営するための各種調整などを行うために、執行理事会が設置されています。この執行理事会は、WHOの加盟国のうちの34ヶ国から選出された執行理事がメンバーであり、執行理事の任期は3年間です。この度、日本は執行理事選出国となったため、国際保健に豊富な経験と学識を持つ、慶應義塾大学特任教授の中谷比呂樹氏を執行理事に指名しました。中谷氏は6月1日から始まる執行理事会に参加し、執行理事としての活動を開始します。


(参考)中谷比呂樹氏の略歴
 山形県酒田市生まれ。 
 慶應義塾大学医学部卒、医師、教育学(保健人材)修士、医学博士。
 厚生労働省及び広島県で衛生行政、福祉行政に従事。
 2007年より8年間、WHO本部事務局長補(エイズ・結核・マラリア・熱帯病対策担当)として勤務。
 2015年6月に帰国後は、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)特任教授。併せて、厚生労働省国際参与、国立国際医療研究センター理事、大阪大学特任教授(未来・国際医療学)。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年6月 > WHO(世界保健機関)執行理事に中谷比呂樹氏が就任しました

ページの先頭へ戻る