ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年2月 > 第29回 技能グランプリが閉幕しました



平成29年2月13日

職業能力開発局能力評価課 

課長 事務代理 搆 健一 

課長補佐     大森 雅文 

(代表電話) 03(5253)1111 (内線 5968) 

(直通電話) 03(3595)3378 

中央職業能力開発協会 

技能振興部長  釜石 英雄 

振興課長     佐藤 克司 

(直通電話) 03(6758)2842 

報道関係者各位


第29回 技能グランプリが閉幕しました

〜 染色補正職種の中谷敬選手ら4人に内閣総理大臣賞 〜


全国から選抜された熟練技能者が「技」の日本一を競い合う「第29回技能グランプリ」(主催:厚生労働省、中央職業能力開発協会、一般社団法人 全国技能士会連合会)は、静岡県静岡市のツインメッセ静岡を主会場とした6会場で、2月10日(金)から開催され、本日閉幕しました。この大会には、全30職種の競技に全国から514人の選手が参加し、職種ごとに優勝者と入賞者を決定しました。

 

静岡市民文化会館で行われた閉会式では、 各職種の優勝者のうち、特に優秀な成績を収めた中谷敬選手(染色補正職種・山形県)、山中英明選手(石工職種・東京都)、山本一馬選手(機械組立て職種・三重県)、山本文太選手(レストランサービス職種・神奈川県)の4人に内閣総理大臣賞が、その他の優秀な成績を収めた27選手に厚生労働大臣賞が贈られ、同時に 入賞者全員(30職種の1位〜3位入賞者と敢闘賞受賞者)に主催者賞が贈られました。

 

また、都道府県選手団の中から最優秀選手団とし て東京都選手団に厚生労働大臣賞が、優秀選手団として静岡県、愛知県、福岡県選手団に厚生労働省職業能力開発局長賞が贈られました。さらに、 厚生労働省職業能力開発局長賞に次ぐ成績を収めた各選手団に中央職業能力開発協会会長賞、全国技能士会連合会会長賞がそれぞれ贈られました。

競技職種ごとの優勝者と入賞者は、別紙1、別紙2のとおりです。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年2月 > 第29回 技能グランプリが閉幕しました

ページの先頭へ戻る