ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年1月 > C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について(第2報)



平成29年1月23日

【照会先】

医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課

室  長 木下 勝美 (内線2760)

専 門 官 塩川 智規 (内線2767)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2436

医薬・生活衛生局総務課

課長補佐 安川 孝志 (内線2711)

課長補佐 勝山 佳菜子 (内線2710)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2377

報道関係者各位


C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について(第2報)

 

標記については、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が発見されたことを受け、1月17日に報道発表を行い、医療機関、薬局及び医薬品の販売業者において医薬品を譲り受ける際には、医薬品の状態を確認すること等について注意喚起するとともに、ギリアド・サイエンシズ株式会社と協力して、偽造品の見分け方等についても周知を行っています。

 

偽造品が患者の手に渡ることのないよう、奈良県、奈良市、京都府、東京都及び大阪府において薬局及び卸売販売業者への立入調査を行い、東京都において同様の特徴を持つ偽造品9ボトルを発見し、これらが流通することのないよう確保しました(別添1)。東京都が発見した偽造品の外観は、別添2のとおりであり、東京都において成分等を分析中です。

 

患者が偽造品を服用することのないよう、引き続き、関係者への注意喚起を行うとともに、関係都道府県等と連携して更なる調査を行い、法令違反に対しては、厳正に対処してまいります。

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年1月 > C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について(第2報)

ページの先頭へ戻る