ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年11月 > 平成28年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました



平成28年11月21日

【照会先】

労働基準局 勤労者生活課

課   長   平嶋 壮州

課長補佐   白尾 香

(代表電話) 03(5253)1111(内線5305,5307)

(直通電話) 03(3502)1589

報道関係者各位


平成28年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました

〜11月28日開催の「『働く、が変わる』テレワークイベント」で総務大臣表彰と併せて表彰式を実施〜

 厚生労働省では、このほど、平成28年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました。

「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」は、昨年度から始めた表彰制度で、テレワーク (※1) の活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果をあげた企業・団体や個人を表彰するものです。今年度は、「優秀賞」に1社、「特別奨励賞」に3社、「個人賞」に2名を決定しました。

表彰式は、1128日に御茶ノ水ソラシティ(東京都千代田区)で開催する「『働く、が変わる』テレワークイベント」 (※2) で行い、今年度は総務大臣表彰の表彰式も併せて実施します。また、このイベントでは、 大沢 ( おおさわ ) 真知子 ( まちこ ) 氏(日本女子大学人間社会学部教授)による「女性活躍推進と働き方革命」についての講演や、テレワーク実施者によるパネルディスカッションを行うほか、受賞者の取組をまとめた「輝くテレワーク賞事例集」を配布します。

イベントの詳細と参加申込方法については、別紙または以下のURLを参照してください。また、申込方法など不明な点については、下記の事務局までお問い合わせください。
http://teleworkgekkan.org/symposium.html

※1 パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方。
   育児などと仕事の両立などワーク・ライフ・バランスの向上に役立つほか、生産性の向上や雇用の創出につながるなど、さまざまなメリットがあります。
※2 テレワークを推進する総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省の共同主催によるシンポジウム


【イベントに関するお問い合わせ先】

一般社団法人日本テレワーク協会

「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰」事務局

101-0062 東京都千代田区神田駿河台1--11 東京YWCA会館

電話      03(5577)4572(受付:9時〜17時 土・日曜、祝日を除く)

URL      http://teleworkgekkan.org/

E−mail   gekkan@japan-telework.or.jp

 【「優秀賞」受賞企業】
 

 ● ネスレ日本株式会社

「優秀賞」は、テレワークの活用によってワーク・ライフ・バランスの実現を図っている企業のうち、特にその取組が優秀と認められる企業・団体に対する表彰です。

 

【「特別奨励賞」受賞企業】(五十音順)

 

 ● 株式会社沖ワークウェル
 ● 株式会社ダンクソフト
 ● 日本オラクル株式会社

「特別奨励賞」は、テレワークの導入に当たって、さまざまな工夫を凝らすなど、他の企業の模範となる取組を行う企業・団体に対する表彰です。

  

【「個人賞」受賞者】 (五十音順)

●  岩井 ( いわい ) 美奈 ( みな )  氏 (クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社

●  田澤 ( たざわ ) 由利 ( ゆり )  氏 (株式会社テレワークマネジメント

「個人賞」は、1:他の模範となるテレワークを積極的に活用した働き方によってワーク・ライフ・バランスを実現している労働者、または2:雇用型のテレワークの普及・推進に貢献した個人に対する表彰です。


 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年11月 > 平成28年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました

ページの先頭へ戻る