ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年6月 > ワクチン・血液製剤等の供給について



平成28年6月7日

【照会先】

健康局健康課予防接種室

室長 江浪 (2071)

室長補佐 大林 (2399)

(代表番号) 03-5253-1111

平成28年6月7日

【照会先】

医薬・生活衛生局血液対策課

需給専門官 金子 (2917)

(代表番号) 03-5253-1111

報道関係者各位


ワクチン・血液製剤等の供給について

 


 

本日、一般財団法人化学及血清療法研究所(以下「化血研」という。)から「「平成28年度熊本地震」による影響について(第三報)」(別添)がプレスリリースされましたが、厚生労働省においては、現在把握している情報に基づき、ワクチン・血液製剤等の全体の供給について、以下のとおり見込んでいますので、お知らせいたします。

 

 

1.B型肝炎ワクチンについて

B 型肝炎ワクチンは国内において化血研を含め二社から供給されており、現時点では、平成2810月に定期接種化された場合であっても、他社の増産等により、必要なワクチンの供給が確保できる見込みです。

 

2.インフルエンザHAワクチンについて

インフルエンザHAワクチン(いわゆる季節性インフルエンザワクチン)は国内において化血研を含め四社から供給されており、現時点では、昨シーズンの必要量を上回る供給量を今シーズンに確保できる見込みです。

 

3.その他のワクチン・血液製剤等について

化血研が製造するその他のワクチン・血液製剤等については、現時点では、不足しない見込みです。

 

また、全てのワクチン・血液製剤等については、引き続き、需給状況をモニタリングしていく予定です。

 

以上 

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年6月 > ワクチン・血液製剤等の供給について

ページの先頭へ戻る