ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年6月 > 福井県の事業場における膀胱がん発症に係る調査結果について



平成28年6月1日

【照会先】

労働基準局

安全衛生部

化学物質対策課長 奥村 伸人

副主任中央労働衛生専門官 伊藤 秀一

中央労働衛生専門官 若林 和也

(代表電話) 03(5253)1111 (内線 5516、5515)

(直通電話) 03(3502)6756 

報道関係者各位


福井県の事業場における膀胱がん発症に係る調査結果について

 

 

 

福井県の事業場で、オルト-トルイジンをはじめとした芳香族アミンを取り扱う作業に従事していた複数名の労働者が膀胱がんを発症した事案を踏まえ、厚生労働省では、独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所※(以下「安衛研」という。)に原因究明のための調査を依頼していました。
 安衛研においては、昨年12 月16 日(予備的な現地調査)及び本年1月20 日〜21 日(本格的な現地調査)に専門的な調査を実施し、3月18 日にその状況を厚生労働省として暫定的に取りまとめた内容を公表したところですが、今般、安衛研より最終的な調査結果の報告がありましたのでお知らせします。



※ 独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所
  平成28 年4 月より、独立行政法人労働安全衛生総合研究所が独立行政法人労働者健康福祉機構と統合し、独立行政法人労働者健康安全機構が発足した。労働安全衛生総合研究所の主な業務は次のとおり。
 (1)事業場における災害の予防に関する総合的な調査及び研究
 (2)労働者の健康の保持増進及び職業性疾病の病因、診断、予防その他の職業性疾病に係る事項に関する総合的な調査及び研究


 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年6月 > 福井県の事業場における膀胱がん発症に係る調査結果について

ページの先頭へ戻る