ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年4月 > 平成28年度「全国安全週間」を7月に実施



平成28年4月26日

【照会先】

労働基準局安全衛生部安全課

 課長 野澤 英児

 主任中央産業安全専門官 安達 栄

 課長補佐 和田 訓 (内線 5481,5482)

(代表電話) 03(5253)1111

報道関係者各位


平成28年度「全国安全週間」を7月に実施

〜今年度のスローガン決定。安全な職場環境の形成を呼びかけ〜

厚生労働省では7月1日から一週間、「全国安全週間」を実施します。また、今年度のスローガンは、応募いただいた 1,079 作品の中から 中野 弘樹さん(埼玉県)の作品 に決定しました。


〈平成28年度「全国安全週間」スローガン〉

見えますか? あなたのまわりの 見えない危険

みんなで見つける 安全管理

今年で89回目となる全国安全週間は、労働災害を防止するための産業界での自主的な活動を推進するとともに、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的としています。

労働災害は長期的に減少し、平成27年は初めて年間の死亡者数が1,000人を下回りました。一方、休業災害を含む労働災害全体では、十分な減少傾向にあるとは言えません。特に、近年の産業構造の変化に伴って拡大を続ける第三次産業などでは、職場の安全に関して自ら取り組む意識が十分であるとは言えず、労働災害が増加傾向にあります。また、経験が浅い労働者は職場に潜む危険を察知できないことが懸念されています。

このような背景を踏まえて今年度のスローガンでは、安全な職場環境を形成するために、同じ職場にいる労働者全員で早期に危険要因を発見・改善・見える化し、事故の発生を未然に防ぐことを呼びかけています。

  厚生労働省では、7月1日(金)から7日(木)までを「全国安全週間」、6月1日(水)から30日(木)までを準備期間として、各職場で巡視やスローガンの掲示、労働安全に関する講習会の開催など、さまざまな取組を行っていきます。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年4月 > 平成28年度「全国安全週間」を7月に実施

ページの先頭へ戻る