ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年3月 > 機能安全を用いた機械等の取扱規制のあり方に関する検討会報告書を取りまとめました



平成28年3月30日

【照会先】

労働基準局 安全衛生部 安全課

課長 野澤 英児

副主任中央産業安全専門官 安井 省侍郎

(代表電話) 03(5253)1111(内線 5548)

(直通電話) 03(3502)1598

報道関係者各位


機能安全を用いた機械等の取扱規制のあり方に関する検討会報告書を取りまとめました

 厚生労働省では、このたび、「機能安全を用いた機械等の取扱規制のあり方に関する検討会」(座長:向殿 政男 明治大学名誉教授)の報告書を取りまとめましたので、公表します。

 この検討会では、近年進歩の著しいコンピュータ制御技術等を用いた機能安全(注)を活用することによって機械等の安全水準の向上を図るため、以下の項目について、専門家による検討を行いました。

(注)「機能安全」とは、従来の機械式の安全装置等に加え、新たに電子等制御の機能を付加することにより、機械等による労働者の就業に係るリスクを低減するための措置及びその決定方法をいいます。


(1) 機能安全の要求安全度水準の設定及び適合に関する基準
(2) 機能安全の基準を満たす機械等の取扱規制における特例措置
(3) 機能安全に係る第三者機関による適合性証明

 厚生労働省では、この報告書を受け、平成28年度に関係法令等を改正する予定です。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年3月 > 機能安全を用いた機械等の取扱規制のあり方に関する検討会報告書を取りまとめました

ページの先頭へ戻る