ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年11月 > 風しん予防セミナーを12月8日に開催します



平成27年11月17日

【照会先】

健康局 結核感染症課

課長補佐      氏家 無限 (2040)

情報分析専門官 山田 広恵 (2094)

報道関係者各位


風しん予防セミナーを12月8日に開催します

厚生労働省は、128日、風しんに関する一般市民向けセミナーを大阪で開催します。

 

風しんは、風しんウイルスに感染することによって、発熱や発疹、リンパ節の腫れなどが生じる病気です。ほとんどの人は軽症のうちに治りますが、妊娠中の女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに障害(先天性風しん症候群)が生じるおそれがあります。

 

セミナーでは、小児科医の中野貴司先生の講演とともに、現在放映中のドラマ「コウノドリ」の主人公“鴻鳥サクラ”のモデルとなった、産婦人科医の荻田和秀先生による原作誕生秘話トーク等を予定しており、楽しくわかりやすく風しんを学ぶ企画となっています。

 

入場は無料です。参加を希望される方は、ホームページを御参照の上お申し込みください。

 

【開催概要】

日 時:128日(火)開演19:00(開場18:30)終演20:45

会 場:グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)

参加費:無料(300名)※応募者多数の場合は抽選

 

出 演:荻田和秀 先生 

りんくう総合医療センター 産婦人科部長

金曜ドラマ「コウノドリ」 "鴻鳥サクラ"のモデル

講演テーマ:「『コウノドリ』モデルが語る、誕生秘話」

 

中野貴司 先生

川崎医科大学 小児科学教室 教授

厚生労働省 麻しん風しん対策推進会議 座長
           
講演テーマ:「忘れていませんか?赤ちゃんを風しんから守ることを・・・」
開催概要



PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年11月 > 風しん予防セミナーを12月8日に開催します

ページの先頭へ戻る