ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年11月 > 平成27年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました



平成27年11月5日

【照会先】

労働基準局 勤労者生活課

課長 富田 望

課長補佐 白尾 香

勤労者企画専門官 寺村 健作

(代表電話) 03(5253)1111(内線5306、5305)

(直通電話) 03(3502)1589

報道関係者各位


平成27年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました

〜11月25日開催の「テレワークシンポジウム」で表彰式を行います〜

 厚生労働省では、このほど、平成27年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました。

 

「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」は、今年度から始めた表彰制度で、テレワークの活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果をあげた企業・団体や個人を表彰するものです。

※パソコンやインターネットといった情報通信技術を活用した、場所にとらわれない働き方である「テレワーク」は、育児等と仕事の両立などワーク・ライフ・バランスの向上に資するほか、生産性の向上や雇用の創出につながるなど、様々なメリットがある働き方です。

 初年度である今年度は、「優秀賞」にシスコシステムズ合同会社と日本マイクロソフト株式会社の2社、「特別奨励賞」に8社、「個人賞」に2名を決定しました。

表彰式は、1125日に池坊東京会館(東京都千代田区)で開催する「テレワークシンポジウム」の中で行います。このシンポジウムでは、 ( けん ) ( じょう ) 英子 ( えいこ ) 氏(亜細亜大学 経済学部教授)による「オランダでの働き方とテレワーク」についての講演や、受賞者によるパネルディスカッションを行うほか、受賞者の取組をまとめた「輝くテレワーク賞事例集」を配布します。参加は無料です。シンポジウムの概要、申込方法は、別紙をご参照ください。 なお、申込方法など不明な点については、下記の事務局までお問い合わせください。

 

 

【シンポジウムに関するお問い合わせ先】

一般社団法人日本テレワーク協会

「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰」事務局

101-0062 東京都千代田区神田駿河台1--11 東京YWCA会館

フリーダイヤル 0120(900)479(受付:9時〜17時 土・日曜、祝日を除く)

URL     http://kagayakutelework.jp

E−mail   koro-hyosho@japan-telework.or.jp


  【「優秀賞」受賞企業】(五十音順)

 

● シスコシステムズ合同会社

● 日本マイクロソフト株式会社

 

「優秀賞」は、テレワークの活用によってワーク・ライフ・バランスの実現を図っている企業のうち、特にその取組が優秀と認められる企業・団体に対する表彰です。 


  【「特別奨励賞」受賞企業】(五十音順)

 

● カルビー株式会社

● 株式会社キャリア・マム

● 株式会社コンピューターシステムハウス

● サントリーホールディングス株式会社

● ジョブサポートパワー株式会社

● 株式会社テレワークマネジメント

● ネットワンシステムズ株式会社

● 明治安田生命保険相互会社

 

「特別奨励賞」は、テレワークの導入に当たって、様々な工夫を凝らすなど、他の企業の模範となる取組を行う企業・団体に対する表彰です。 


  【「個人賞」受賞者】(五十音順)

 

●  北村 ( きたむら ) 有紀 ( ゆき )  氏 (株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ)

●  横澤 ( よこざわ ) ( まさ ) ( のり )  氏 (向洋電機土木株式会社

 

「個人賞」は、1、他の模範となるテレワークを積極的に活用した働き方によってワーク・ライフ・バランスを実現している労働者、または2、雇用型のテレワークの普及・推進に貢献した個人に対する表彰です。 

 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年11月 > 平成27年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定しました

ページの先頭へ戻る