ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年8月 > 第43回 技能五輪国際大会(ブラジル・サンパウロ大会)での日本選手団の成績が確定しました



平成27年8月27日

【照会先】

職業能力開発局能力評価課

課長       宮本 悦子

課長補佐    名田 裕

(代表電話)  03(5253)1111(内線5968)

(直通電話)  03(3502)6958

中央職業能力開発協会 

技能振興部長 奥村 伸人

振興課長    佐藤 克司

(直通電話)  03(6758)2844

報道関係者各位


第43回 技能五輪国際大会(ブラジル・サンパウロ大会)での日本選手団の成績が確定しました

〜日本選手団は金メダル5個で総合3位に〜

43回 技能五輪国際大会(43rd WorldSkills Competition、主催:WorldSkills São Paulo 2015)は、8月11日(火)から8月16日(日)まで、ブラジル・サンパウロで開催されました。昨日、すべての競技で成績が確定したため * 、改めて日本選手団の成績を公表します。

日本選手は、40職種の競技に参加し、「情報ネットワーク施工」、「製造チームチャレンジ」、「自動車板金」、「電子機器組立て」、「移動式ロボット」の5職種で金メダルを獲得し、銀メダル3個、銅メダル5個、敢闘賞14個の成績を収めました。(別紙1、2参照)

この結果、日本選手団は国・地域別順位では3位となりました。

 

【金メダル獲得上位3カ国・地域の状況】

第1位:韓国(金メダル数13

第2位:ブラジル(同11

第3位:日本、オーストリア、中国、南チロル・イタリア、チャイニーズタイペイ

(同5)

 

 

* 「CNCフライス盤」の成績が未発表だったため、8月18日に暫定版として日本選手団の成績を公表しました。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年8月 > 第43回 技能五輪国際大会(ブラジル・サンパウロ大会)での日本選手団の成績が確定しました

ページの先頭へ戻る