ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年8月 > 「化学物質のリスク評価検討会報告書(平成27年度 第1回)」を公表します



平成27年8月12日

【照会先】

労働基準局安全衛生部

化学物質対策課化学物質評価室

室長 角田 伸二 (5508)

室長補佐 平川 秀樹 (5511)

化学物質情報管理官 北村 牧子 (5511)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3502)6756

報道関係者各位


「化学物質のリスク評価検討会報告書(平成27年度 第1回)」を公表します

〜三酸化二アンチモンによる健康障害の防止措置を直ちに検討〜

 厚生労働省の「化学物質のリスク評価検討会」(座長:名古屋 俊士 早稲田大学理工学術院教授)では、毎年、化学物質による労働者の健康障害のリスク評価を行っており、このほど平成27年度 第1回の報告書をまとめましたので、公表します。

 今回は、「ヒトに対して発がん性の可能性がある」、または「神経毒性または生殖毒性がある」とされている5物質についてリスクの評価を行い、以下のような結果を得ました。

 今回のリスク評価を受け、「三酸化二アンチモン」については、健康障害防止措置の検討に着手し、「塩化アリル」については、詳細リスク評価を実施します。
 また、こうした検討などに先立ち、リスクが高い状況が見られた事業場に対し、適切なばく露防止措置を講じるよう指導します。
 今回、評価対象となった物質一覧と評価結果の詳細は、別添の報告書概要をご覧ください。


【リスク評価結果】

■「塩化アリル」
 初期リスク評価※1 の結果、一部の事業場で、リスクが高い状況が見られたことから、詳細なリスク評価が必要である。

■「クメン」
 リスクが高い状況は見られず、労働者の健康障害のリスクは低いと考えられるが、有害性の高い物質であることから、関係事業者による自主的なリスク管理を進めることが適当である。

■「三酸化二アンチモン」
 詳細リスク評価※2 の結果、三酸化二アンチモンの製造・取扱いの業務について、適切なばく露防止措置が講じられない状況では、労働者の健康障害のリスクは高いと考えられることから、健康障害防止措置の検討を行うべきである。

■「酸化チタン(ナノ粒子)」
 酸化チタン(ナノ粒子)については、現在、リスク評価を行っている酸化チタン(ナノ粒子以外)の評価結果と併せて、両者の整合を図り、粒子の大きさと労働者の健康障害リスクの関係を踏まえた対応の検討を行う。

■「グルタルアルデヒド」
 事業場間で作業工程に共通すると考えられる高いリスクは認められなかったため、関係事業者が自主的なリスク管理を進めることが適当である。

(*報告書(全文)は、厚生労働省ホームページに掲載しています)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年8月 > 「化学物質のリスク評価検討会報告書(平成27年度 第1回)」を公表します

ページの先頭へ戻る