ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年7月 > 規格不適合の業務用防毒マスク用吸収缶の流通が判明



平成27年7月13日

【照会先】

厚生労働省労働基準局安全衛生部

化学物質対策課環境改善室

室   長 濱本 和孝

室長補佐 吉澤 保法

(代表電話) 03(5253)1111 (内線5501)

(直通電話) 03(3502)6756

規格不適合の業務用防毒マスク用吸収缶の流通が判明

〜製造者が防毒マスク用吸収缶の回収・交換を行っています〜

このたび、市販されている業務用防毒マスク用吸収缶(隔離式防毒マスク用吸収缶)の一部製品について、吸収缶の気密性が国家検定規格を下回っていることが判明しました。厚生労働省では製造者に対して、平成27年4月8日に、これらの製品の回収・交換を要請し、その後も原因究明・再発防止の報告を求めてきたところですが、これらの隔離式防毒マスク用吸収缶は、既に代理店などを通じて不特定多数の方に販売されており、平成27年7月10日の製造者からの厚生労働省に対する報告によると、現在も大部分の所有者が特定できていません。そこで、さらに所有者へ広く注意喚起を行うため、ホームページでその事実を公表します。(詳細は以下をご参照ください。)

なお、製造者が平成27年4月10日から該当製品の回収・交換を行っていますので、併せてお知らせします。

 


問い合わせ先

■製造者 株式会社 重松製作所

本   社:東京都北区西ケ原一丁目26番地1号

電   話:フリーダイヤル0120(360)277または03(6903)7525

受付時間:9:001800

            土日祝日、 11 13日、 12 30日〜1月4日は休み

URL http://www.sts-japan.com/news/notice/notice19.html


2 回収・交換対象の防毒マスク用吸収缶(隔離式防毒マスク用吸収缶)

(1)型 式 名 称 CA-501/OV

   個      数17,378個( 1,960 個は回収済み・回収率11.3

   回収対象期間:平成22年4月1日〜平成27年3月31

   使 用 条 件:有機ガス用


(2)型 式 名 称: CA-501/HG
      個      数: 5,027個( 753 個は回収済み・回収率15.0

      回収対象期間:平成22年4月1日〜平成27年3月31

      使 用 条 件:ハロゲンガス用


(3)型 式 名 称: CA-502/CO

      個      数:2,564個( 392 個は回収済み・回収率15.3

      回収対象期間:平成25年4月1日〜平成27年3月31

      使 用 条 件:一酸化炭素用


(4)型 式 名 称: CA-5011/AM
   個      数:
8,294個( 1,256 個は回収済み・回収率15.1

   回収対象期間:平成22年4月1日〜平成27年3月31

     使 用 条 件:アンモニア用


(5)型 式 名 称: CA-51/SO

   個      数: 1,616個( 252 個は回収済み・回収率15.6
      回収対象期間:平成22年4月1日〜平成27年3月31

      使 用 条 件:亜硫酸ガス用


  健康被害のおそれについて

    該当製品について、製造者が行った社内試験及び厚生労働省が確認した抽出試験 では、
   気密性が規格に達しない製品でも、除毒能力が規格値を満たしていること
などから、
   通常の使用においては健康被害のおそれはないものと考えています。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年7月 > 規格不適合の業務用防毒マスク用吸収缶の流通が判明

ページの先頭へ戻る