ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年5月 > エボラ出血熱への感染があり得る患者の検体の状況について



平成27年5月18日

【照会先】

厚生労働省健康局結核感染症課

感染症情報管理室長 宮川 昭二 (2389)

課長補佐 中谷 祐貴子 (2373)

(代表) 03−5253−1111

報道関係者各位


エボラ出血熱への感染があり得る患者の検体の状況について

 本日、ギニアから入国後に発熱の症状を呈した患者についてお知らせしたところですが、患者の検体が本日10時35分に国立感染症研究所(村山庁舎)に到着しましたのでお知らせします。エボラ出血熱への感染の有無を確認するための検査の結果は、本日夕方に判明する見込みです。 

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年5月 > エボラ出血熱への感染があり得る患者の検体の状況について

ページの先頭へ戻る