ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年4月 > 「宿泊型新保健指導試行事業」採択決定について



平成27年4月9日

【照会先】

厚生労働省健康局がん対策・健康増進課

課長補佐   斉藤 (内線2975)

係  長     西堀 (内線2398)

(代表電話) 03−5253−1111

(F  A  X ) 03−3502−3099

報道関係者各位


「宿泊型新保健指導試行事業」採択決定について

  厚生労働省では、 生活習慣病を効果的に予防することを目的に、糖尿病が疑われる者等を対象として、ホテル、旅館等の宿泊施設や地元観光資源等を活用して保健師、管理栄養士、健康運動指導士等が多職種で連携し、従来の保健指導よりも効果の高い保健指導を目指す「 宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)プログラム」を開発し、本年度においては、本プログラムの効果検証を行う「宿泊型新保健指導試行事業」を実施いたします。

今般、本事業に8自治体、22民間団体から事業計画が提出され、審査会で審査したところ、別紙のとおり7自治体、16民間団体を採択しましたのでお知らせいたします。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年4月 > 「宿泊型新保健指導試行事業」採択決定について

ページの先頭へ戻る