ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年11月 > エボラ出血熱に関する検疫及び国内における対応について



平成26年11月21日

【照会先】

健康局結核感染症課

感染症情報管理室長 中嶋 建介 (2389)

課長補佐 難波江 功二 (2373)

医薬食品局食品安全部企画情報課検疫所業務管理室 

室長 小平 鉄雄 (2461)

室長補佐 松本 泰治 (2463)

(代表) 03−5253−1111

報道関係者各位


エボラ出血熱に関する検疫及び国内における対応について

厚生労働省は、西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行に関し、検疫所における対応及び国内で患者が発生した場合の行政機関の対応について、それぞれ改正通知を発出しましたのでお知らせします(別紙1、別紙2)。

また、エボラ出血熱の感染が疑われる入国後の患者が確認された場合の情報の開示方法についても取りまとめましたので、合わせてお知らせします(別紙3)。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年11月 > エボラ出血熱に関する検疫及び国内における対応について

ページの先頭へ戻る