ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年11月 > エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の退院について



平成26年11月10日

【照会先】

健康局結核感染症課

感染症情報管理室長 中嶋 建介 (2389)

課長補佐 福島 和子 (2376)

(代表) 03−5253−1111

報道関係者各位


エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の退院について

ギニアから入国する際、発熱が見られたことから、11月7日からりんくう総合医療センターに入院されていた方(ギニア国籍・20代女性)については、昨晩退院されましたので、お知らせいたします。

なお、本件に関して厚生労働省健康局に設置した専用電話については、本日をもって受付を終了いたしました。


 本件は、エボラ出血熱陰性と判断されている事案でもあり、また、ご本人のご意向を踏まえ、報道関係者の皆様におかれましては、患者の方のプライバシーの保護に十分御配慮いただきますよう、お願い申し上げます。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年11月 > エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の退院について

ページの先頭へ戻る