ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > 中国残留邦人16名が集団一時帰国します



平成26年9月12日

【照会先】

社会・援護局援護企画課中国残留邦人等支援室

室  長  補  佐  五十嵐智明 (内線3495)

帰国・受入援護係長 井上  亜紀 (内線3465)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2456

報道関係者各位


中国残留邦人16名が集団一時帰国します

 厚生労働省では、平成6年から中国残留邦人の集団一時帰国事業を実施しています。
 このたび、墓参や親族訪問等のため、下記のとおり16名の中国残留邦人が9月16日(火)から9月27日(土)まで集団一時帰国します。

  
                            
                              記


1 期 間
  平成26年9月16日(火)から9月27日(土)までの12日間



2 一時帰国予定者数 
  初めて帰国する中国残留邦人      1名
  上記以外の中国残留邦人        15名
  介護人                    15名
  合計                      31名


※なお、帰国者の事情等で参加人数、期間が変動することがあります。



3 日 程
(1)入国日 平成26年9月16日(火)
     (ア) 北京発   8 :4 5 CA181 便)、羽田着  12 50
      (イ) 上海発    9 :0 5 ( FM815 便)、羽田着  12 :30

   (ウ)  瀋陽発    8 :3 0 ( CZ627 便)、成田着  12 :25


(2)出国日 平成26年9月27日(土)
      (ア) 羽田発  13 55 CA182 便)、北京着  16 45
     (イ) 羽田発  13 : 30 ( FM816 便)、上海着  16 : 10

  (ウ)  成田発  13 : 25 ( CZ628 便)、瀋陽着  15 : 30


(3)親族訪問等
   親族訪問は、平成26年9月18日(木)から9月22日(月)までの間。
   肉親との再会、墓参の他に東京近郊見学等を行います。


4 事業委託先
  公益財団法人中国残留孤児援護基金

※本事業について取材を行う際には、以下に連絡願います。
  公益財団法人中国残留孤児援護基金 業務調査課長 岡田 TEL:03-3501-1050

(参考)平成5年以前は、民間団体等による集団一時帰国が行われていました。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > 中国残留邦人16名が集団一時帰国します

ページの先頭へ戻る