ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年7月 > WHOミッションへの日本人専門家の参加



平成26年7月4日

【照会先】

健康局結核感染症課

課長補佐 難波江 功二 (2373)

(代表) 03−5253−1111

報道関係者各位


WHOミッションへの日本人専門家の参加

現在西アフリカのギニア、リベリア及びシエラレオネにおいて、エボラ出血熱が発生しており、WHO(世界保健機関)は国際NGO等と連携し、疫学調査や感染症対策等に関し、発生国への支援を行っているところです。

今般、WHOより我が国に対して支援要請がなされ、国際協力の一環として、(公財)東京都保健医療公社 豊島病院感染症内科医長の足立拓也医師が、エボラ出血熱対策のWHOミッションに参加する専門家として、7月5日から7月27日までの間、シエラレオネに派遣されることになりましたので、お知らせします。

 

 

 

【本件に関する問い合わせ先】

(公財)東京都保健医療公社 豊島病院

          副  院 長    味澤 篤
        庶務課長    橋本 大

    〒173-0015 東京都板橋区栄町33-1

       電話番号03-5375-1234(代表)   


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年7月 > WHOミッションへの日本人専門家の参加

ページの先頭へ戻る