ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年4月 > 医薬品の交付に当たっての確認の徹底について



平成26年4月17日

【照会先】

医薬食品局監視指導・麻薬対策課

課長 赤川 治郎 (内線2759)

監視指導室長 稲川 武宣 (内線2760)

(電話代表) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2436

報道関係者各位


医薬品の交付に当たっての確認の徹底について

○ このたび、埼玉県内の薬局及び千葉県内の医療機関で、針状の異物が混入したボルタレンサポが発見されました。(参考資料1、2)
    現在、警察が捜査中ですが、患者が使用前に異常に気づいたため、健康被害は発生していません。

○ 医療機関と薬局では、医薬品の交付に当たっては、医薬品の状態を十分に観察し、異常が無いことの確認をする必要があります。厚生労働省では、このことを徹底するよう、昨日16 日に都道府県担当部局と関係団体を通じて、医療機関と薬局に対し注意喚起の周知を行いました。(参考資料3)
(※)ボルタレンサポは、鎮痛、解熱、抗炎症作用を持つ、ジクロフェナクナトリウムを有効成分とする坐薬で、医師の処方箋に基づき処方される医薬品です。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年4月 > 医薬品の交付に当たっての確認の徹底について

ページの先頭へ戻る