ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年4月 > 4月1日から「産業保健活動総合支援事業」を開始します



平成26年4月1日

【照会先】

労働基準局安全衛生部労働衛生課

課長 泉 陽子

産業保健支援室長 井上 仁 (5522)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3502)6755

報道関係者各位


4月1日から「産業保健活動総合支援事業」を開始します

〜企業の産業保健スタッフなどを総合的に支援するため、事業体制を刷新〜

厚生労働省では、企業の産業保健活動の効果的な支援を促進するため、これまでの3事業(地域産業保健事業、産業保健推進センター事業、メンタルヘルス対策支援事業)を一元化し、「産業保健活動総合支援事業」として、4月1日から運営を開始します。

これは、 「産業保健を支援する事業の在り方に関する検討会」(平成25年4月〜6月)で議論され、「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(平成251224日閣議決定)で、3事業を一元化することとされたことを受けたもので、一元化により産業保健活動への効果的な支援を図るものです。

この事業では、都道府県の産業保健総合支援センターにおいては、事業者・産業保健スタッフからの産業保健活動に係る専門的な相談への対応や労働衛生に係る研修などの支援を行います。また都道府県内の地域ごとに設置する地域窓口では、小規模事業場の事業者からのメンタルヘルスを含む労働者の健康管理についての相談への対応などの支援を行います。

なお、この事業は、国の補助事業として独立行政法人 労働者健康福祉機構が実施主体となり、地域の医師会などの協力を得ながら進めます。

 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年4月 > 4月1日から「産業保健活動総合支援事業」を開始します

ページの先頭へ戻る