ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年3月 > 未承認医薬品による健康被害にご注意ください



平成26年3月18日

【照会先】

医薬食品局監視指導・麻薬対策課

室   長  稻川 武宣 (2760)

課長補佐 柴辻 正喜 (2763)

(電話代表) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2436

報道関係者各位


未承認医薬品による健康被害にご注意ください

〜インターネットで購入したエストロゲン製剤「ESTROMON」により健康被害が発生しています〜

○ 今般、医療機関から、インターネット上で「更年期対策サプリ」と称して販売されていた製品により健康被害が発生したとの報告がありました。

 

 製品名:「ESTROMON」(エストロモン)

 製造販売業者:生医薬品(タイ製)

 成分:エストロゲン(女性ホルモンの一種である卵胞ホルモン)

 投与経路:経口

健康被害の概要:服用したところ、子宮からの不正出血が生じたため、婦人科を受診。患者は医師の措置により回復しています。

 

○ 国内で承認されているエストロゲンを含有する内服薬は、全て医師の処方が必要な医薬品です。

 

○ インターネット上では「サプリメント」や「健康食品」などと称して、本来、医師の処方が必要な医薬品と同等の海外製品が販売されていることがあります。テレビ番組などの情報から、安易にインターネットで医薬品成分を含む製品を購入しないでください。

 

○ なお、厚生労働省で確認したところ、「ESTROMON」の他にも、エストロゲン又はメドロキシプロゲステロン酢酸エステル(女性ホルモンの一種である黄体ホルモン)を含有する未承認医薬品として下記のもがインターネットで販売されていました。購入した心当たりのある方は十分に注意をしてください。異常があった場合には、医療機関を受診してください。

 ・ PREMARIN(「プレマリン錠」として国内で承認されているものがありますが、医師の処方が必要な医薬品であり、インターネットでは買うことができません。)

 ・ Provera(「プロベラ錠」として国内で承認されているものがありますが、医師の処方が必要な医薬品であり、インターネットでは買うことができません。)

 ・ oestrogel(エストロジェル)

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年3月 > 未承認医薬品による健康被害にご注意ください

ページの先頭へ戻る