ホーム > フォトレポート > 東日本大震災からの復興状況視察

フォトレポート

東日本大震災からの復興状況視察

写真(2018年4月9日)

2018年4月9日(月)
宮城県・岩手県
恵心寮の利用者の方とお話する高木厚生労働副大臣

 高木厚生労働副大臣は、東日本大震災から8年目を迎えた被災地の復興状況を視察するため、宮城県気仙沼市の恵心寮(特別養護老人ホーム)と南町紫神社前商店街、岩手県陸前高田市の県立高田病院と災害公営住宅「下和野団地」市民交流プラザを訪れ、関係者と意見交換を行いました。
 視察後、高木厚生労働副大臣は
 「厚生労働省では、生活支援相談員の配置などによる被災者支援、医療・介護の提供体制の整備と人材確保などに取り組んでいますが、これからも一人ひとりに寄り添い、復興支援のために努力してまいります」と述べました。

(大臣官房総務課)

写真(2018年4月9日)
恵心寮(特別養護老人ホーム)

写真(2018年4月9日)
岩手県立高田病院

写真(2018年4月9日)
下和野団地市民交流プラザで団地の方々と懇談する高木厚生労働副大臣

ホーム > フォトレポート > 東日本大震災からの復興状況視察

ページの先頭へ戻る