ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 統計に関するリンク > 獣医師による感染症の報告数

獣医師による感染症の報告数

統計に関するリンク

感染症法第13条による獣医師の感染症報告数

疾 病 年 次 一類感染症 二類感染症
エボラ出血熱 マールブルグ病 ペ ス ト 重症急性呼吸器症候群(SARS)
(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る)
結核 鳥インフルエンザ
(H5N1又はH7N9)
中東呼吸器症候群(MERS)
(病原体がMERSコロナウイルスであるものに限る)
西 暦 元 号 サル サル プレーリードッグ イタチアナグマ タヌキ ハクビシン サル 鳥類 ヒトコブラクダ
2004 16 0 0 0 0 0 0 - - -
2005 17 0 0 0 0 0 0 - - -
2006 18 0 0 0 0 0 0 - 0 -
2007 19 0 0 0 0 0 0 0 5 -
2008 20 0 0 0 0 0 0 0 5 -
2009 21 0 0 0 0 0 0 0 0 -
2010 22 0 0 0 0 0 0 0 9 -
2011 23 0 0 0 0 0 0 0 72 -
2012 24 0 0 0 0 0 0 0 0 -
2013 25 0 0 0 0 0 0 0 0 -
2014 26 0 0 0 0 0 0 9 0 0
2015 27 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 28 0 0 0 0 0 0 0 0 0
累計 0 0 0 0 0 0 0 91 0
 
疾 病 年 次 三類感染症 四類感染症
細菌性赤痢 ウエストナイル熱 エキノコックス症
西 暦 元 号 サル 鳥類
2004 16 0 0 0
2005 17 45 0 5
2006 18 45 0 2
2007 19 51 0 1
2008 20 29 0 1
2009 21 34 0 2
2010 22 59 0 1
2011 23 37 0 0
2012 24 2 0 0
2013 25 5 0 0
2014 26 6 0 1
2015 27 6 0 0
2016 28 5 0 1
累計 324 0 14

資料:「感染症発生動向調査」(平成28年は暫定値)

注1:2004年(平成16年)の細菌性赤痢、ウエストナイル熱、エキノコックスの報告数は、10月から12月までの数値である。

注2:結核の報告数は、2007年(平成19年)4月1日からの数値である。

注3:鳥インフルエンザ(H5N1又はH7N9))の報告数は、2006年(平成18年)6月12日からの数値である。
ただし、2006年(平成18年)6月12日から2008年(平成20年)5月11日まではインフルエンザ(H5N1)の鳥類としての報告数であり、2008年(平成20年)5月12日から2013年(平成25年)5月5日までは鳥インフルエンザ(H5N1)としての報告数である。
また、数値は、1箇所における複数鳥類の発生の場合はまとめて1例(1件)としている。

注4:中東呼吸器症候群(MERS)の報告数は、2014年(平成26年)7月26日からの数値である。

注5:報告数は、感染実験等の学術的研究による発生を除く。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 統計に関するリンク > 獣医師による感染症の報告数

ページの先頭へ戻る