ホーム > アクセシビリティについて

アクセシビリティについて

アクセシビリティとは、年齢や身体障害の有無に関係なく、誰でも必要とする情報に簡単にたどり着け、利用できることをいいます。厚生労働省では、ウェブアクセシビリティの日本工業規格「JIS X 8341-3:2010」における等級A(シングルA)のレベルを達成するホームページ作成を心掛けています。まだ対応が十分でないページもありますが、引き続き整備を進め、アクセシビリティの向上に努めてまいります。

主なアクセシビリティ対応内容

使用文字について

  • 機種依存文字の使用を禁止しています。
  • 資料などでローマ数字や丸付き数字が使われていたものは、別の文字に置き換えて掲載します。
  • 外字に該当する漢字は、他の文字に置き換えるか画像にして掲載します。
  • 半角カタカナは使用しません。

色、形について

  • 文字の色は背景と十分なコントラストをとり、色の組み合わせは見やすいように設定します。
  • 動く画像・文字や文字の点滅は原則使用しません。
  • 画像情報などにおいて、内容を理解するために必要な情報は、色、形や位置のみに依存せず、必ず文字による説明を併記します。

文字拡大について

  • 文字のサイズを大きくして表示できる文字拡大サービスを提供します。
  • ブラウザの設定により、必要に応じて利用者が変更可能にします。

音声読み上げ

音声による情報提供が行えるよう、音声読み上げサービスを提供します。

操作性について

  • ページの上部に共通のナビゲーションを配置します。
  • 音声読み上げを行っている際に、ナビゲーション部分を読み飛ばせるようにします。
  • 原則として、新しいウィンドウを開く仕組みは設けません。
  • ホームページ上の現在位置の把握や、上位階層へ戻る手助けとなるテキストリンクを主要ページ上部へ配置します。

リンクについて

  • PDFファイルを用いる場合、リンク先がPDFデータであることを明示し、ファイルサイズを記載します。

今後も主要なページについて整備を進め、環境を問わずに誰でも必要とする情報が得られるホームページづくりを目指し、アクセシビリティの向上に務めてまいります。

ホーム > アクセシビリティについて

ページの先頭へ戻る