対応策 調査・分析結果 自社診断 セミナー情報 資料
シェア ツイート
働き方・休み方改善ポータルサイト リンク集

長時間労働の是正・働き方改革の実践に向けて

長時間労働の生む問題と解決策の捉え方

長時間労働を生む業務や仕事の仕方に関わる問題は多様です。しかも、それらの諸問題は相互に関連しながら長時間労働を生んでいます。そのため長時間労働への対応策を考えるにあたっては、「検討のステップ」に示す3つの作業を行う必要があります。

第一段階:問題を抽出する>第二段階:問題をフェーズごとに捉える>第三段階:問題の背景を確認し、解決策(勘所)を検討する

 第一段階は、長時間労働を生む問題を抽出し、そのリストを作成することです。本研究プロジェクトで行ったプロジェクトマネージャ対象のアンケート調査と企業対象の事例調査から、15の問題が抽出されました。「問題と勘所のリスト」がそれです。
 この15の問題は多様な特性をもつので、第二段階では、それらを体系的に捉える必要があります。「問題と勘所のリスト」のなかの「分野・フェーズ」の欄は、労働時間を規定する開発プロジェクトに関わる要素を示しています。さらに、そこでは諸問題がどの要素に対応するかが示されているので、長時間労働を生む問題がどの「分野・フェーズ」で起きているかを概観できます。そのうえで第三段階では、問題の背景を確認し、解決策を検討します。この解決策をここでは「勘所」と呼んでいます。
 以下では、15の問題ごとに背景と勘所を説明します。それらを読むに当たっては「問題と勘所のリスト」をガイドとして活用することを勧めます。

長時間労働に悩んだときは、下のリストを参考に自社の問題を分析し、その問題に合った勘所を確認してみましょう。勘所1〜15までをクリックしていただくと、そのために有効な施策がご覧いただけます。

問題と勘所のリスト

分野・フェーズ問題問題解決の勘所
プロジェクト特性大規模すぎる案件勘所1»
会社として実績がない、経験が不足している案件勘所2»
発注者の協力が得られない勘所3»
プロジェクトにおける業務段階受注不明確な仕様勘所4»
過小な工数、短すぎるプロジェクト期間勘所5»
メンバーの能力や経験が不足している勘所6»
プロジェクトの運営
(設計・開発・テスト)
仕様変更の依頼がある勘所7»
品質やセキュリティ等のトラブルの発生勘所8»
人員が十分に投入されないこと勘所9»
開発状況の把握と共有化ができていない勘所10»
納入(検収)検収条件が明確にされない勘所11»
仕様以上の過剰品質の開発を行う勘所12»
プロジェクト推進の基盤作業の標準化ができていない勘所13»
生産性の基準がなく、生産性が把握できていない勘所14»
現場、担当者が問題を抱え込むことに対応できていない勘所15»