看護系技官 採用サイト

ひと、くらし、みらいのために
活かそう、看護の力

厚生労働省看護系技官では、
一緒に働く仲間を募集しています。
看護系技官を希望の方はまずは説明会にご参加ください。

© 2021 Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan

採用情報・業務説明会

Entry

採用情報

Recruit

採用部局名

厚生労働省の内部部局

採用予定官職

厚生労働技官 (課長補佐級)若干名、(係長級)若干名

応募資格

次の(1)から(4)までのすべてに該当する者

  • (1)日本の看護師免許を取得している者であって、かつ日本の保健師免許又は日本の助産師免許を取得している者
  • (2)看護系大学を卒業している者又は看護系大学院修了の者
  • (3)看護に関する業務(修士課程の期間を含む)経験
  • (課長補佐級職員)採用時点で14年以上有する者、(係長級職員)採用時点で7年以上有する者
  • (4)看護行政の業務に理解を示し、意欲のある者

ただし、次のいずれかに該当する者は応募できません。

  • ①日本の国籍を有しない者
  • ②国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者
  • ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者
  • ・一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
  • ・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
  • ③平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)
  • ④定年年齢以上の者(令和6年度における定年年齢は61歳)

職務内容

厚生労働省本省の看護系技官として「保健師助産師看護師法」、「地域保健法」、「介護保険法」、「母子保健法」、「社会福祉士及び介護福祉士法」などの法律に基づいて、看護行政等の業務に従事します。

なお、採用後の人事においては、本省の他、地方厚生局等に配属となることもあります。

求める人材

看護系技官は、看護師等の免許を有し、医療にかかわる専門性と行政官としての専門性を生かして、現場と行政の両面がわかる“翻訳者”として、現場のニーズを政策に的確に“通訳”することが期待されています。現場の声と医療や介護、保健、福祉の将来像をもとに、看護のあり方を考えられる方で、公務に対する強い関心と、全体の奉仕者として働く熱意を有する方を採用したいと考えています。

勤務条件

                

【給与】

給与については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律などに基づき決定されます。

  • (給与モデルケース例)
  • 課長補佐級職員(経験年数満14年の場合)行政職俸給表(一)4級
  • ○月収
  • 約34万円
  • ○年収
  • 1年目:約510万円、2年目:約570万円(期末・勤勉手当期間率(100%)による増)
  • 係長級職員(経験年数満7年の場合)行政職俸給表(一)3級
  • ○月収
  • 約30万円
  • ○年収
  • 1年目:約440万円、2年目:約500万円(期末・勤勉手当期間率(100%)による増)

※ 上記は俸給、本府省業務調整手当、地域手当と期末手当・勤勉手当(標準成績の場合)により暦年(1~12月)での報酬水準を試算したものです。これ以外に、個人の状況・勤務状況に応じて、超過勤務手当、通勤手当、住居手当、扶養手当等の諸手当が支給されます。

  • 【勤務時間・休暇】
  • ○勤務時間は、原則として、1日7時間45分で、土・日曜日及び祝日、年末12月29日~年始1月3日は休みです。
  • ○休暇には、年次休暇(年20日(4月1日採用の場合、採用の年は15日)。残日数は20日を限度として翌年に繰越し)のほか、病気休暇、特別休暇(夏季・結婚・出産・忌引・ボランティア等)、介護休暇等があります。
  • ○また、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭生活の両立)支援制度として、産前産後休暇、育児休業、育児短時間勤務をはじめ、さまざまな制度があります。
  •               

採用予定時期

令和6年10月1日

応募書類

  • (1)小論文(「業務経験を踏まえ厚生労働省で取り組みたいこと」800字程度)
  • (2)履歴書(写真貼付)(別添様式(履歴書.pdf)(履歴書.docx))
  • (3)卒業証明書、修了証明書(修了見込証明書)
  • (4)看護師免許証(写)と保健師免許証(写)又は助産師免許証(写) ※A4版に縮小
  • (5)推薦状2通(別添様式(推薦状.pdf)(推薦状.docx))、推薦状は日本語により、現在の所属先からのものに限り、所属長1通、直属の上司1通とする(現在、所属先がない場合は直近の所属先でも可)

※病院に勤務中の者は施設長、看護部長又はこれに相当する者の推薦状1通(看護師長(病棟等師長)は不可)、直属の上司の推薦状1通(看護師長(病棟等師長)は可)

※大学院在学中の者は担当教授等の推薦状2通

※必ず推薦者自らが封筒に入れ密封したものを提出

※応募の秘密については、厳守します。また、応募書類の返却はしませんので、あらかじめご了承ください。

                

応募書類提出先

  • (郵送による場合)
  •  〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 厚生労働省医政局看護課総務係
  •  TEL 03-5253-1111(内線2690)
  • (メールによる場合)
  •  e-mail:kango-jinji@mhlw.go.jp
  •  提出する際はzipファイルでまとめ、必ずパスワード(※)を設定し、メールの件名に「看護系職員採用応募」の旨を記載して下さい。
  • ※パスワードは別途、送信ください。
  • なお、応募に当たって不明な点がある場合はこちらにお問い合わせください。

応募締切年月日

令和6年7月9日(火)郵送:当日消印有効(持ちこみ不可)、メール:18時15分迄

選考方法

1次試験(小論文・経歴評定)令和6年7月22日(月)

※1次試験の合否は個別にお知らせします。

2次試験(個別面接)令和6年8月上旬

※2次試験の日時等については、1次試験合格者に個別にお知らせします。

※1次試験及び2次試験は厚生労働省本省(東京都千代田区霞が関1-2-2)で行います。詳細は別途お知らせします。

                

業務説明会

Job fair

日時・場所プログラム

令和6年7月26日(金) 14:00~16:00

会場:厚生労働省又はオンライン

  • ①看護系技官の業務の紹介
  • ※人数(先着)対面:20名程度、オンライン:80名程度
  • ②現役技官との座談会・個別相談
  • ※座談会30分、個別相談1人5分程度(希望者のみ)を予定しています。
  • ※人数(先着)対面・オンライン合計:30名程度

対象者

以下の①又は②に該当する方

  • ①看護系技官採用試験の応募資格を満たす方
  • (看護系技官採用試験の応募資格)
  • ◆日本国籍を有する方
  • ◆看護師免許と保健師免許又は助産師免許を取得している方
  • ◆看護系大学を卒業している方、又は看護系大学院修了の方
  • ◆看護に関する業務(修士課程の期間を含む)経験を採用時点で7年以上有する方
  • ◆看護行政の業務に理解を示し、意欲のある方
  • ②看護系技官の仕事に興味のある方

申し込み方法

参加を希望される方は、(1)~(7)の事項を記載し、下のメールアドレスに7月12日(金)までにお申し込みください。

※定員になり次第締め切ります。

  • (1)お名前(ふりがな)
  • (2)年齢 
  • (3)勤務先または学校名
  • (4)連絡先(メールアドレス)
  • (5)座談会の希望の有無
  • (6)個別相談の希望の有無
  • (7)参加方法(対面・オンライン)

※個別相談希望の方は座談会への参加が必須となります。

エントリーはこちら

(申し込み用メールアドレス:kango-jinji@mhlw.go.jp)