よくあるご質問

看護系技官から直接話を聞いたり、職場を見学したりすることはできますか?
できます。看護系技官に興味のある方には、厚生労働省職場体験実習(インターンシップ※)を受け付けています。また、看護系技官による業務説明会も実施しています。

※インターンシップとは、厚生労働省で仕事を体験するものです。本省で実務を体験することにより、厚生労働省への理解を深めてもらうことを目的としています。
大学院生を対象とし、夏期休暇を利用して1週間から1カ月程度の期間、保健医療政策に関わる部署などで働くことを体験できます。
例年4月下旬から受付を開始し、5月下旬から6月下旬が締切りです。詳細は厚生労働省HPの採用関連情報をご確認ください。
採用試験の内容は?また採用試験ではどのような知識が求められますか?
令和元年度は、1次試験では小論文、2次試験では個別面接を行いました。
「採用情報」から、毎年の情報を確認してください。
採用試験では、単に知識を問うのではなく、課題の解決に向け論理的な思考ができるかなどの資質が問われます。
地方や海外で勤務することはありますか?
あります。看護系技官としてキャリア形成をする上で、地方自治体等の省外の組織での勤務は有意義です。 なお、地方勤務に当たっては、個人の事情等が考慮されます。
配属部署など、自分が担当する分野について希望することはできますか?
本人の希望は考慮しますが、定期的に異動があるので、特定の分野のみで仕事を続けるということは難しいでしょう。 なじみのない分野でも、配属されて、経験を重ねることはキャリア形成に役立ちます。
お問い合わせ
〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関 1-2-2
厚生労働省医政局看護課 総務係(内線 2596)
電 話:03-5253-1111(代表)

ページトップへ