はじめに

労働者の方へ

働く人が介護に直面したとき又は
介護を行う前には、何をすればよいでしょうか。
介護をしながら働き続けるための
ポイントをご紹介します。

介護に直面したとき

ポイント1

職場に「家族等の介護を行っていること」を伝え、必要に応じて
勤務先の「仕事と介護の両立支援制度」を利用する。

  • ▶法律では、どのような「仕事と介護の両立支援制度」があるか知りたい。
  • ▶会社に相談したら、介護休業などの両立支援制度はないから
    退職するように言われた。
  • ▶要介護2以上ではないこと、医師の診断書がないことから
    制度を利用させてもらえなかった。
    というような時は、都道府県労働局雇用環境・均等部(室)へご相談ください。

ポイント2

介護保険サービスを利用し、自分で「介護をしすぎない」

ポイント3

介護保険の申請は早めに行い、要介護認定前から調整を開始する。

ポイント4

ケアマネジャーを信頼し、「何でも相談する」。

ポイント5

日頃から「家族や要介護者宅の近所の方々等と良好な関係」を築く。

ポイント6

介護を深刻に捉えすぎずに、「自分の時間を確保」する。

まだ介護を行っていない方

現在介護を行っていない方は「事前準備」が大切です。介護はいつ始まるか分からない
からこそ、いざというときに慌てないよう、事前にしっかりと準備しておきましょう。

ポイント1

介護保険制度・介護サービス、両立支援制度の概要を
把握しておくこと。

ポイント2

介護に直面した時にどこに相談すればよいか、その窓口を
知っておくこと。

相談窓口はこちらもご覧ください。

仕事と介護の両立のポイントを詳しく知りたい方、仕事と介護の両立を実現している方の事例を知りたい方は、
厚生労働省ホームページをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/
seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/
koyoukintou/ryouritsu/model.html

企業の方へ

厚生労働省では、事業主が従業員の仕事と介護の
両立を支援する際の
具体的取組方法・支援メニューである「介護離職を予防するための両立支援対応モデル」
を策定しています。取組には以下の5つがあり、各取組を進める際に活用できる
「お役立ちツール」(下図吹き出し)もあります。

  1. 1. 従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握
  2. 2. 制度設計・見直し
  3. 3. 介護に直面する前の従業員への支援
  4. 4. 介護に直面した従業員への支援
  5. 5. 働き方改革

取り組む際のマニュアルを含め、詳細は
厚生労働省ホームページに掲載しています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/
seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/
koyoukintou/ryouritsu/model.html