働きやすい社会を実現するために、行政としてできること

一般職(電気・電子・情報)

労働基準局労災保険業務課年金業務係
係員

平成30年入省

職場の雰囲気

入省時、私はシステムの知識はあまりなく、何をすればよいか右も左も分からない状況でした。そんな中優しく教えてくださる上司に支えられ、数多くのことを学び、1年目を乗り越えることができました。システムに詳しい方、経験者の方が即戦力になることはもちろん、未経験者でも入省後に学んでいくことで、システムの調達業務、開発業務等において、大いに活躍することができます。

さらに、プライベートでも仲の良い同期たちに囲まれているおかげで楽しい社会人生活を歩むことができています。

印象に残った業務

今までで一番印象に残っている業務は、全国の都道府県労働局や労働基準監督署などで利用されているシステムの一大更改に携わったことです。このシステムは中央省庁のシステムの中でも、とても複雑で規模が大きいものです。長い年月をかけて開発された新システムの稼働直前は、独特の盛り上がり、緊張感、忙しさがあり、貴重な思い出となりました。

皆さんへ ~電気電子情報区分採用として~

多くの方が日常生活において様々な電子計算機・アプリケーションを利用していることかと思いますが、「ここ改善して欲しいな」と思うことが多々あるでしょう。ここ労災保険業務課では、より良いシステムを作り上げることで全国の労働局や監督署の職員の想いを実現することができます。システムを通じて労働行政に貢献してみませんか。皆さんとお会いできる日を心よりお待ちしております。