採用情報TOPへ


1.栄養系職員の採用案内


・平成31年度厚生労働省栄養系技官募集案内【補佐級】

採用部局名
厚生労働省などの栄養系職員既配置部局
採用予定官職
厚生労働技官(課長補佐) 若干名
応募資格
次の1から5までのすべてに該当する者

1 管理栄養士養成施設である大学を卒業している者又は栄養系に関係する専門分野における大学院修了(見込みを含む。)している者
2 管理栄養士免許を取得している者
3 健康・栄養政策の行政に理解を示し、意欲のある者
4 日本国籍を有する者
5 公衆衛生・栄養指導に関する業務(修士・博士課程の期間も含む。)経験を14年以上有する者
職務内容
 主に厚生労働省本省内部部局に配属になり、技官として「栄養士法」、「健康増進法」、「食育基本法」などの法律に基づいて、栄養行政などの業務に従事します。(別添参照(PDF:3,049KB))
採用予定時期
平成31年4月1日
応募書類

1 小論文(「現在の栄養行政の課題を一つ挙げ、それに対する具体的方策を述べよ。」1,600字程度)(別添参照(PDF:62KB))
2 履歴書(写真貼付)(別紙様式1(PDF:71KB))(別紙様式1(EXCEL:38 KB))
3 身上申立書(別紙様式2(PDF:58KB))(別紙様式2(EXCEL:30KB))
4 管理栄養士免許証の写し(A4に縮小)
5 緊急連絡先等登録票(別紙様式3(PDF:48KB))(別紙様式3(EXCEL:28KB))

応募書類提出先
〒100−8916
東京都千代田区霞が関1−2−2
厚生労働省健康局健康課栄養指導室
TEL 03−5253−1111(内線2972)
(夜間直通 03−3595−2245)
応募締切年月日
平成30年10月15日(月)(必着のこと)
※封筒表面に、「栄養系技官採用に必要な応募書類在中」の旨を朱書の上、書留郵便にて郵送してください。
選考方法
1次選考(書類選考) 書類選考
2次選考(人物試験) 平成30年11月上旬頃
備考
勤務条件
1 給与については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律などに基づき決定されます。
※基本給に当たる俸給については、行政職俸給表(一)が適用されます。また、超過勤務手当、期末手当、住居手当などの各種手当が支給されます。
2 1週間当たりの勤務時間は38時間45分(週休2日制)です。
3 年20日の年次休暇(採用の年は採用の時期により20日より少ない日数となります。)のほか、特別休暇(夏季、結婚、忌引、ボランティアなど)、病気休暇の制度が整備されています。
4 共済組合の福利厚生施設を利用することができます。
5 勤務地は、厚生労働本省(東京都千代田区)を中心として、地方厚生局、他省庁などがあります。


・平成31年度厚生労働省栄養系技官募集案内【係長級】

採用部局名
厚生労働省などの栄養系職員既配置部局
採用予定官職
厚生労働技官(係長) 若干名
応募資格
次の1から5までのすべてに該当する者

1 管理栄養士養成施設である大学を卒業している者又は栄養系に関係する専門分野における大学院修了(見込みを含む。)している者
2 管理栄養士免許を取得している者
3 健康・栄養政策の行政に理解を示し、意欲のある者
4 日本国籍を有する者
5 公衆衛生・栄養指導に関する業務(修士・博士課程の期間も含む。)経験を7年以上有する者
職務内容
 主に厚生労働省本省内部部局に配属になり、技官として「栄養士法」、「健康増進法」、「食育基本法」などの法律に基づいて、栄養行政などの業務に従事します。(別添参照(PDF:3,049KB))
採用予定時期
平成31年4月1日
応募書類

1 小論文(「現在の栄養行政の課題を一つ挙げ、それに対する具体的方策を述べよ。」1,600字程度)(別添参照(PDF:62KB))
2 履歴書(写真貼付)(別紙様式1(PDF:71KB))(別紙様式1(EXCEL:38KB))
3 身上申立書(別紙様式2(PDF:58KB))(別紙様式2(EXCEL:28KB))
4 管理栄養士免許証の写し(A4に縮小)
5 緊急連絡先等登録票(別紙様式3(PDF:48KB))(別紙様式3(EXCEL:30KB))

応募書類提出先
〒100−8916
東京都千代田区霞が関1−2−2
厚生労働省健康局健康課栄養指導室
TEL 03−5253−1111(内線2972)
(夜間直通 03−3595−2245)
応募締切年月日
平成30年10月15日(月)(必着のこと)
※封筒表面に、「栄養系技官採用に必要な応募書類在中」の旨を朱書の上、書留郵便にて郵送してください。
選考方法
1次選考(書類選考) 書類選考
2次選考(人物試験) 平成30年11月上旬頃
備考
勤務条件
1 給与については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律などに基づき決定されます。
※基本給に当たる俸給については、行政職俸給表(一)が適用されます。また、超過勤務手当、期末手当、住居手当などの各種手当が支給されます。
2 1週間当たりの勤務時間は38時間45分(週休2日制)です。
3 年20日の年次休暇(採用の年は採用の時期により20日より少ない日数となります。)のほか、特別休暇(夏季、結婚、忌引、ボランティアなど)、病気休暇の制度が整備されています。
4 共済組合の福利厚生施設を利用することができます。
5 勤務地は、厚生労働本省(東京都千代田区)を中心として、地方厚生局、他省庁などがあります。
2.栄養系技官採用案内パンフレット(別添参照


3.業務説明会のお知らせ(別添参照


厚生労働省栄養系技官業務説明会のお知らせ

開催概要
日 時:平成30年9月27日(木)
    13:30〜16:00頃
会 場:経済産業省別館2階 238会議室
    (厚生労働省の建物とは異なりますのでご注意ください)
参加料:無料 事前申し込み要(下記参照)
対象者
次の(1)または(2)に該当する方

(1)以下の条件(1〜5)を全て満たし、2019年4月の採用試験の応募を考えている方
1 管理栄養士養成施設である大学を卒業している方または栄養系に関係する専門分野における大学院を修了(見込みを含む。)している方
2 管理栄養士免許を取得している方
3 健康・栄養政策の行政業務に理解を示し、意欲のある方
4 日本国籍を有する方
5 公衆衛生・栄養指導に関する業務(修士・博士課程の期間を含む。)経験を7年以上有する方
(2)栄養系技官の業務に興味があり、将来的に栄養系技官採用試験の応募を考えている方
プログラム(予定)
  • 栄養系技官の業務の紹介
  • 小グループでの意見交換
  • 個別相談(希望者のみ)
申し込み方法
参加を希望される方は、(1)から(9)の事項を記載し、下記メールアドレスに9月20日(木)までにお申し込みください。
(1)氏名(ふりがなもお願いします。)
(2)性別
(3)年齢
(4)勤務先又は学校名(大学院の修了者又は在学生の方は、大学院での専攻テーマ(例:公衆衛生)も記載ください。)
(5) 対象者区分(対象者の項の(1)又は(2)を記載)
(6)平成30年9月末時点での公衆衛生・栄養指導に関する業務期間(修士・博士課程の期間を含む。例:「修士課程及び博士課程を含めて8年6か月」)
(7)連絡先(メールアドレス)
(8)個別相談の希望の有無
(9)本説明会への参加理由

申し込み先アドレスeiyou-jinji@mhlw.go.jp