ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 水道対策> アセットマネジメント> 水道施設の点検を含む維持・修繕

水道施設の点検を含む維持・修繕


1.省令及びガイドラインについて 
 水道施設の維持・修繕を適切に行うことで、老朽化等に起因する事故を防止するなど水道施設を適切に管理するとともに、予防保全の観点から、点検等を通じて施設を適切に把握し、施設の長寿命化による投資の抑制を図る必要があります。
 水道法第22条の2において、水道事業者等は、水道施設を良好な状態に保つため、点検を含む維持及び修繕をしなければならない旨が定められており、水道施設の維持及び修繕に関する基準を厚生労働省令で定めています。
 水道事業者等において、所管する水道施設に対して、点検等の方法や頻度等が定められ、異常を把握した場合には速やかに修繕等の対応を取るなど、適切に維持・修繕の措置がなされるようお願いしています。
 なお、これら実施の参考となるよう、「水道施設の点検を含む維持・修繕の実施に関するガイドライン」を作成しています。

 ※「水道施設の点検を含む維持・修繕の実施に関するガイドライン」については、こちら

2.インフラメンテナンスに関する新技術の導入促進について
 水道施設の点検を含む維持・修繕を適切に実施していくにあたっては、新技術の採用や創意工夫により効果的に実施することが望ましく、厚生労働省では、新技術の導入を推進するため、先進的な新技術の導入事例に関する詳細調査を行っています。また、(公財)水道技術研究センター(JWRC)と連携し、新技術を用いた具体的な点検方法や活用事例をとりまとめる予定です。
 水道事業者等において、水道施設の点検を含む維持・修繕にあたり、水道施設の合理的かつ効率的な管理に資する観点から、新技術の積極的な活用の検討を促しています。

  ※水道施設の点検を含む維持・修繕の実施に関する新技術を導入している水道事業者の割合については、こちら
  ※水道技術研究センターにおける水道施設の点検を含む維持・修繕に係る新技術事例集については、こちら

 

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 水道対策> アセットマネジメント> 水道施設の点検を含む維持・修繕

ページの先頭へ戻る